文字の大きさ拡大サイズ 標準サイズ
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
表示の拡大・音声の読み上げをすることができます。
本文へジャンプメニューへジャンプ
奈良県人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです

ホーム > これまでの活動 > 人権週間

ここから本文です

人権週間

人権週間とは

国連は、昭和23年(1948年)の第3回総会で世界人権宣言が採択されたのを記念し、昭和25年(1950年)12月4日の第5回総会において、世界人権宣言が採択された12月10日を「人権デー」と定め、加盟国などにこれを記念する行事を実施するように呼び掛けています。我が国では、世界人権宣言が採択された翌年の昭和24年から、毎年12月10日を最終日とする1週間を「人権週間」と定め、全国的な啓発活動を展開しています。

第72回人権週間行事
 人権週間2020 奈良地方法務局presents
 バンビシャス奈良ホームゲーム

令和2年12月5日(土)にプロバスケットボールチームバンビシャス奈良のホームスタジアムである「ならでんアリーナ」において,第72回人権週間イベント「人権週間2020奈良地方法務局presents バンビシャス奈良ホームゲーム」を開催し,505名の方々に来場いただきました。

試合開始前のコートサイドでは,バンビシャス奈良スタジアムMC,バンビシャス奈良マスコットキャラクターであるシカッチェ,人権イメージキャラクター人KENまもる君・あゆみちゃんとともに,奈良地方法務局人権擁護課長と奈良県人権擁護委員連合会長が人権啓発活動を行いました。

また,ホームゲームのテレビ中継と併せてハーフタイムには,同年11月23日に収録した奈良地方法務局及び奈良県人権擁護委員連合会主催の対談イベント「バンビシャス奈良の選手と一緒に人権について考えよう」が放送されました。同対談イベントは,会場内の人権啓発用ブースに設置されたモニターでも放映されました。

YouTubeでも対談イベントの動画がアップされておりますので,興味のある方は是非ご覧下さい(「SNSによる誹謗中傷について」URL:https://www.youtube.com/watch?v=rp_AWHkqGvY 「新型コロナウイルスによる差別やいじめについて」URL:https://www.youtube.com/watch?v=l4r9SMA74EM)。

当日実施したアンケート調査では,人権の理解を深めるのに「とても役立った」「役立った」と多くの方にお答えいただいたほか,「今後の開催するべきだと思う」「イベントの場はPRの良い機会だと思う」などの感想をいただきました。

今回のイベントは,一人一人が持っている人権の大切さを広く伝える大変有意義なものになったのではないかと思います。

写真

オープニング

写真

試合開始前のコートサイドPR

写真

啓発用ブース

写真

対談イベント放映中


このページの先頭へ