本文へジャンプメニューへジャンプ
沖縄県人権啓発ネットワーク協議会
ここからメニューです

ホーム >

ここから本文です

活動紹介

Jリーグ「FC琉球」と連携した人権啓発活動について

沖縄県地域人権啓発活動ネットワーク協議会(沖縄県,那覇地方法務局,沖縄県人権擁護委員連合会,その他県内市町村)は,プロサッカーチーム「FC琉球」と連携・協力して,令和元年10月27日(日)に,沖縄県総合運動公園内のタピック県総ひやごんスタジアムで開催されたホームゲーム「FC琉球vs大宮アルディージャ」戦において,人権啓発活動を実施しました。

試合開始前には,元日本代表の播戸竜二さん引退セレモニーや音楽バンドのモンパチによる演奏会が行われる等もあり,会場には多くの観衆が集まっていました。

スタジアムの中では大観衆の中を人権擁護委員と法務局職員が「みんなでなろう!! 人権サポーター」の横断幕を持って行進し,スタジアムの外では啓発物品を配布して啓発活動の周知を行いました。

写真
写真
写真

全国中学生人権作文コンテスト沖縄県大会

那覇地方法務局と沖縄県人権擁護委員連合会では,沖縄県内の中学生を対象に人権作文コンテストを実施しています。このコンテストは,次代を担う中学生が人権について作文を書くことによって,人権尊重の重要性,必要性について理解を深めるとともに,豊かな人権感覚を身に付けることを目的として実施しています。

今年度も,多くの中学生からの応募をお待ちしています。

詳しくは,以下の実施要領をご覧ください。


第39回全国中学生人権作文コンテスト沖縄県大会実施要領

写真
写真

沖縄国際映画祭における啓発活動

4月19日(金)から21(日)にかけて開催された吉本興業の『沖縄国際映画祭』の新都心公園内ラフピータウン(おもろまち)の啓発ブース出展及び国際通りでのレッドカーペットに参加しました。

20日(土)は一日中雨が降り続き,啓発ブースで準備した人KENまもる君及び人KENあゆみちゃんのウォークバルーンが出動できないなど,心配された状況もありましたが,啓発ブースにおけるプラスチックキーホルダー作りは,連日大盛況で,事前に用意した400個では足りずに最終的に550個作成されました。また,啓発リーフレットを入れた手提げクリアファイル1200個,うちわ600枚を配布し,人権擁護に関するアンケートでは300名余の協力を得るという大きな成果も得ました。

最終日の大イベントであるレッドカーペットは,昨年は大雨でしたが,今年は雨が降ることもなく,1年ぶりに人KENまもる君及び人KENあゆみちゃんが行進できました。また,テレビでも報道されたようで,当該報道をご覧になった方から「月曜日の『目ざましテレビ』に,人KENまもる君やあゆみちゃんが写っていたよ。」と声を掛けていただきました。

写真
写真
写真
写真

このページの先頭へ