文字の大きさ拡大サイズ 標準サイズ
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
表示の拡大・音声の読み上げをすることができます。
本文へジャンプメニューへジャンプ
ここからメニューです

ホーム > 啓発活動 > 「人権の花」運動

ここから本文です

「人権の花」運動

高岡人権擁護委員協議会では,毎年,小学生を対象に,花を育てることを通じて,「思いやりの心」を育てることを目的とした「人権の花」運動を実施しています。

花鉢を託された児童は,優しさや思いやりをもって水やりなどの世話をします。思いやりの心を持って育てた花鉢は,日頃お世話になっている方々や地元の施設等に寄贈します。

令和2年度実施校:高岡市立太田小学校
花鉢:ベゴニア

伝達式:8月4日(火)

伝達式は,新型コロナウイルス感染症対策のため,太田小学校の児童のうち,5年生と6年生あわせて28人の参加となりました。

伝達式の様子

児童のみなさんは,お互いの距離を保って伝達式に参加してくれました。

伝達式では,人権擁護委員から「人権とは一人一人が人間らしく生きるための権利であり,だれもがこの権利をもっていること。お互いの人権を尊重することが大切なこと。」を児童のみなさんに説明し,「人権の花を育てることで命の尊さを実感し,優しさと思いやりの心を育んでほしい。温かい気持ちが込められたベゴニアが太田地区に飾られることを楽しみにしています。」と伝えました。

伝達式の様子
伝達式の様子

今年度はお世話をする花鉢に愛着を持ってもらうため、ベゴニアの花鉢といっしょに「元気シール」を配りました。

「元気シール」は,児童のみなさんに自分が元気になれるメッセージを書いて花鉢にはってもらい,水やりを行う時、「元気シール」に書いてある言葉も合わせて花にかけてもらうためのものです。言葉をかけることで,花も児童のみなさんも元気になってもらえることを願っています。

伝達式の様子
伝達式の様子

ベゴニアの花鉢は,人権擁護委員らから各学級代表の児童のみなさんに手渡されました。

伝達式の様子
伝達式の様子

児童代表から「花と同じで一人一人が一つの命を持っています。人権の花の世話を通じて思いやりの心を持つ自分を育てたい。」とお礼の言葉をいただきました。

終了式:9月4日(金)

終了式の様子

きれいに咲いた人権の花に「人KENまもる君」と「人KENあゆみちゃん」も大喜びです。

終了式の様子

式では,人権擁護委員から児童のみなさんに人権の花を大切に育ててくれたことに感謝の気持ちを伝えました。児童代表からは「他人への思いやりを大切にすること」の誓いの言葉を受け取りました。

終了式の様子
終了式の様子

ベゴニアの花鉢は,近隣の保育園や福祉施設に配布されます。児童のみなさんが大切に育ててくれた花と元気シールの言葉で,地域のみなさんに元気と思いやりの心が届くことでしょう。

終了式の様子
終了式の様子
終了式の様子

このページの先頭へ

富山県人権啓発活動ネットワーク協議会