フロントページ > 国際テロリズム要覧2021 > 注目される国際テロ組織、世界のテロ・ゲリラ組織等の概要及び動向 > ダルル・イスラム(DI)

ダルル・イスラム(DI)
Darul Islam

別称:
インドネシア・イスラム国家(NII) Negara Islam Indonesia, Islamic State of Indonesia

主な活動地域

インドネシア(西ジャワ州,バンテン州,東カリマンタン州),マレーシア(東部・サバ州)

組織の概要

「ダルル・イスラム」(DI)は,インドネシアにおけるイスラム国家の樹立を目指すイスラム過激組織である。

独立戦争に際して,西ジャワ地域をオランダの支配下に置くとするレンヴィル協定(1948年1月)に反発したスマルマジ・マリジャン・カルトスウィルヨがDIを指導し,主要都市バンドンを勢力下に置いた上,翌1949年8月には,「インドネシア・イスラム国家」(NII)の「建国」を宣言し,最高指導者に就任したため,DIはNIIとも称される。

DIは,南スラウェシやアチェの反政府運動とも連携し,これら勢力は,DIの軍事部門とされる「インドネシア・イスラム軍」(TII)を称して国軍との戦闘を激化させたが,国軍の圧迫の下,テロ活動に依拠するようになり,住民の支持を失うとともに,カルトスウィルヨの逮捕・刑死(1962年)を受けてDIによるテロは終息したとされる。カルトスウィルヨの息子タフミド・ラフマ・バスキの下で,DIは「コマンド・ウィラーヤ」(KW)と称される複数の地域司令部に分割された。

こうした中,一部の活動家は摘発を避け,マレーシアへ逃亡した。1970年代にDIに加入したとされるアブドゥラ・スンカル及びアブ・バカル・バシールは,1985年,マレーシア西部・ジョホール州に拠点を設けた。スンカルは,1985~1991年の間,DIメンバー200人以上を軍事訓練のためアフガニスタンに送り込むなどしたが,過激思想に傾倒してDI指導部との亀裂を深め,1993年,バシールと共にDIを離脱して「ジェマー・イスラミア」(JI)を設立した。

また,マレーシア東部・サバ州では1960年代以降,南スラウェシから逃れてきたDIの細胞が活動を継続し,2006年5月には,JIメンバーらのフィリピン南部への逃亡支援に関与したとされるDIメンバーらが逮捕された。

インドネシアに残った活動家も活動を継続し,2011年11月には,ジャカルタにおけるDIの作戦責任者アブ・ウマルら10人が,テロ訓練キャンプの運営やフィリピン南部からの武器密輸,「シャリーア施行を阻む者」の誘拐・殺害計画などに関与したなどとして逮捕された。また,DIの分派「リング・バンテン」(指導者:ロイスことイワン・ダルマワン)は,JIやその分派「トプ・グループ」と協力し,2002年10月にバリ島で発生した自爆テロや2004年9月に発生した在インドネシア・オーストラリア大使館に対する自爆テロに関与したとされる。「リング・バンテン」やDIメンバーの一部は,2014年以降,ISILに忠誠を表明したとされ,このうちバンドンなどを管轄するDI地域司令部(「KW7」)のメンバーらは,「ジャマー・アンシャルット・ダウラ」(JAD)に加入したとされる。また,2018年5月には,インドネシア西部・リアウ州のDIメンバーらが,同州プカンバルで,同州警察本部襲撃事件を実行した。

このページの先頭へ