フロントページ > 国際テロリズム要覧2021 > 注目される国際テロ組織、世界のテロ・ゲリラ組織等の概要及び動向 > アブドラ・アッザム旅団(AAB)

アブドラ・アッザム旅団(AAB)
Abdallah Azzam Brigades, Ziyad al-Jarrah Battalions of the Abdallah Azzam Brigades, Yusuf al-'Uyayri Battalions of the Abdallah Azzam Brigades

国連制裁対象(2014年9月23日)

米国FTO(2012年5月30日)

主な活動地域

レバノン,アラビア半島,シリア

組織の概要

「アブドラ・アッザム旅団」(AAB)は,「イラクのアルカイダ」(AQI,現「イラク・レバントのイスラム国」〈ISIL〉)に所属していたサウジアラビア人サーレハ・アル・カラアウィが,当時のAQI指導者アブ・ムサブ・アル・ザルカウィ(2006年6月死亡)の指示を受け,AQIの活動をイラク国外に拡大すべく立ち上げたとされる(設立発表は2009年7月)。しかしながら,AAB幹部シラジュディン・ズレイカットは,2015年4月,AABは,「アルカイダ」を含むいかなる組織にも属さない独立した組織であるとしてアルカイダとの関係を否定している。

AABには,レバノンを拠点とする「ジヤード・アル・ジャッラーハ大隊」及びアラビア半島を拠点とする「ユースフ・アル・ウヤイェリ大隊」が存在し,これらの大隊はAABの司令部に従っているとされる。

指導者カラアウィは,2009年2月,「アルカイダ」との関係からサウジアラビア政府によって同国の「最重要指名手配犯85人リスト」に登載され,2012年6月,潜伏中のパキスタンで重傷を負い,サウジアラビアに身柄を移送されたところを同国治安当局に拘束された。

同人の後継指導者には,サウジアラビア人マージド・アル・マージド(「最重要指名手配犯85人リスト」に登載)が就任したとされるが,同人は,2013年12月,潜伏中のレバノンで拘束され,2014年1月,死亡した。レバノン当局は,同人の死は病気によるものと発表したが,AABは同月,「マージドは(レバノン当局と共謀した)『ヒズボラ』によって殺害された」などと主張した上で,今後,「ヒズボラ」や同組織を支援するイランに対する報復を行う旨警告した。

AABは,シリアでの反政府運動を受け,2012年6月,反体制派勢力に対する支援を呼び掛ける声明を発表したほか,2013年11月の在レバノン・イラン大使館を標的とした自爆テロ,2014年2月のイラン文化施設を標的とした自爆テロ等に関し,犯行を自認した上で,「イランがシリア政府に対する支援をやめなければ,一層の攻撃を行う」などと警告した。

AABは,2019年11月,「レバントのアブドラ・アッザム旅団」名による声明を発出し,レバント(地中海東岸地方)で活動するAABを解散する旨発表した。なお,同発表の意図は不明であるが,シリア等での活動停止を意味している可能性もある。

このページの先頭へ