フロントページ > 国際テロリズム要覧2021 > 注目される国際テロ組織、世界のテロ・ゲリラ組織等の概要及び動向 > アフワーズ・アラブ民主人民戦線(ADPF)

アフワーズ・アラブ民主人民戦線(ADPF)
Ahwazi Democratic Popular Front

主な活動地域

イラン,英国

組織の概要

「アフワーズ・アラブ民主人民戦線」(ADPF)は,2005年,マルクス主義を掲げ,イラン南西部・フーゼスターン州をアラブ国家として分離独立させることを目的に設立された武装組織である。英国首都ロンドンを活動拠点とする。

ADPFは,2005年4月のイランでの騒乱の扇動及び同年6月の爆弾テロへの関与の容疑で名が知られた。現在の最高幹部は,ロンドン在住の最高指導者マフムード・アフワーズィ(別名アブー・バシャル)のほか,サラーフ・アブー・シャリーフ・アフワーズィ,アリー・アフワーズィ(事務局次長兼外交委員長),ターヒル・タミーミー等とされる。2020年は,目立ったテロ関連活動が確認されなかったが,主に公式ウェブサイト,SNS等において,フーゼスターン州内での活動家やアフワーズ文化関係者等の不当拘束について発信を継続している。

このページの先頭へ