フロントページ > 国際テロリズム要覧2021 > 注目される国際テロ組織、世界のテロ・ゲリラ組織等の概要及び動向 > アフワーズ解放機構(ALO)

アフワーズ解放機構(ALO)
Ahwaz Liberation Organisation

主な活動地域

イラン,オランダ

組織の概要

「アフワーズ解放機構」(ALO)は,1990年以降,イラクのフセイン政権によって設立された「アラビスタン解放民主革命戦線」,「アラビスタン解放人民戦線」及び「アフワーズ解放アラブ戦線」が合併し,イランからの分離独立を目指して設立された武装組織である。宗教色は薄く,ナセル主義やバアス党理念に近い汎アラブ・ナショナリズム的傾向を有するとされる。設立者は,ファーレハ・アブダッラー・アル・マンスーリである(オランダ国籍を取得)。

ALOは,フセイン政権から支援を受けていたが,1990年代前半から支援が減少し,戦闘能力が低下したとされる。2004年以降のイラン国内の石油関連施設に対する攻撃への関与が疑われている。近年は,目立った活動が確認されていない。

このページの先頭へ