フロントページ > 国際テロリズム要覧2021 > 注目される国際テロ組織、世界のテロ・ゲリラ組織等の概要及び動向 > コマラ

コマラ
Komalah, Komala, Komaleh, Kumele

主な活動地域

イラン(北西部),イラク(北東部,クルド自治区),オランダ,米国

組織の概要

「コマラ」は,1969年,クルド人による毛沢東主義組織として設立された共産主義系の政党である。イラン革命以前は,反パフラヴィ王政活動を展開したが,同革命後,政府に弾圧された。1980年代後半から1990代前半にかけて,イラン共産党への参加等をめぐって,「イラン・クルディスタンのコマラ党」(Komala-PIK)及び「イランのコマラ共産党」(Komalah-CPI)に分裂したとされるが,一般的には,両組織は同一であるとされる。最高指導者は,創設メンバーの一人アブドッラー・モフターディである。戦闘員数は,2017年時点で1,000人以下とされ,イラクのスレイマニヤに本部及び軍事訓練キャンプを設置し,イラン国内に協力者を有すると自認している。

2010年9月には,イラン北西部・西アゼルバイジャン州マハーバードで,イラン・イラク戦争開戦30周年を記念する軍事パレードの開催中に爆弾テロが発生,2014年5月,イラン情報当局は,容疑者として「コマラ」メンバー3人を逮捕したとされる。

欧州在住のメンバーは,拠点を置くオランダを中心に反イランの集会やイベントを展開している。2018年9月,「コマラ」関係者15人が,イラク国内の「コマラ」拠点へのイラン革命防衛隊(IRGC)によるミサイル攻撃に対する報復として,在仏イラン大使館正門周辺に投石したほか,スプレーで構造物を着色するなどした。

2018年9月,「コマラ」は,米国首都ワシントンD.C.に事務所を開設し,ロビイストを米国司法省に正式に登録した。

このページの先頭へ