フロントページ > 国際テロリズム要覧2021 > 注目される国際テロ組織、世界のテロ・ゲリラ組織等の概要及び動向 > ジュヌード・アル・シャーム

ジュヌード・アル・シャーム
Junud al Sham, Soldiers of Syria

主な活動地域

シリア

組織の概要

「ジュヌード・アル・シャーム」は,2012年以降に結成された武装組織であり,チェチェン人やレバノン人らで構成される。指導者は,ジョージア東部・パンキシ渓谷出身のムラド・マルゴシュヴィリ(別名ムスリム・アブ・ワリド・アル・シシャニ)とされる。同人は,過去,旧ソ連軍に所属していたとされる。

同組織は,主に北西部・ラタキア県で活動した後,2014年初めまでには「ヌスラ戦線」に合流し,同組織内の一部隊として活動したが,「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)に参加するために脱退する者が増加し,2016年初旬までには勢力が大きく減退したとされる。

このページの先頭へ