フロントページ > 国際テロリズム要覧2021 > 注目される国際テロ組織、世界のテロ・ゲリラ組織等の概要及び動向 > センデロ・ルミノソ(SL)

センデロ・ルミノソ(SL)
Sendero Luminoso (輝く道)

別称:
ペルー共産党 Partido Comunista del Perú -Sendero Luminoso, Communist Party of Peru -Shining Path

米国FTO(1997年10月8日)

主な活動地域

ペルー(特に中南部アプリマク川,エネ川,マンタロ川流域)

組織の概要

「センデロ・ルミノソ」(SL)は,1969年に設立されたペルーの現政治体制の転覆等を目指す毛沢東主義武装組織である。正式名称は,「ペルー共産党」である。ペルーにおける外国の影響を払拭し,社会不安を醸成するため,米国等の権益を標的とする。

1990年代初めまでは活発にテロを実行し,1991年7月に首都リマ北方にあるワラルで国際協力事業団(現・国際協力機構〈JICA〉)派遣の農業技術者3人を殺害するなど,邦人が被害を受ける事件も引き起こした。フジモリ大統領就任(1990年7月)後には,1992年9月に最高指導者アビマエル・グスマンが逮捕されるなど,当局の厳しい取締りで打撃を受けた。グスマンは獄中から政府との対話を呼び掛けたが,同組織幹部オスカル・ラミレス・デュランらは武装闘争の継続を主張した。その後,1997年7月にデュランも逮捕されたため,組織の衰退が続き,最盛期に約5,000人とされた構成員数は250~300人程度まで減少したとされる。

残存勢力は,その後もテロ活動を継続し,在ペルー米国大使館前ショッピングセンターでの自動車爆弾テロ(2002年3月),南部・アヤクーチョでの警察官及びコカ国営公社職員の殺害(2006年12月),中部・フニン県での治安当局者多数殺害事件(2009年10~11月)等に関与したとされるほか,近年も,フニン県で陸軍対テロ部隊を襲撃(2016年4月)するなど,治安部隊への攻撃を行っている。また,1980年代から現地の麻薬密輸団との連携も指摘されており,2005年12月の警察部隊襲撃は,当局の麻薬対策への報復とされる。なお,2015年6月,米国財務省は,SLを重大な麻薬取引者のリストに掲載した。さらに,2016年11月,米国国務長官は,最高幹部ビクトル・キスペ・パロミノのほか,ホルヘ・キスペ・パロミノ及びタルセラ・ロヤ・ビルチェスの3人を特別指定国際テロリスト(SDGT)に指定した。

SLの現在の活動地域は,北部・ワリャガ川流域及び南部・アプリマク川・エネ川流域の密林地帯であるが,ワリャガ川流域の一派は,2012年に政府軍の掃討作戦によってほぼ壊滅し,2015年1月には,同地域で同派の再建を企図していた活動家(通称イウリーニョ)も逮捕された。一方,アプリマク川・エネ川流域の一派も,2013年8月の掃討作戦によって幹部2人が死亡し,2015年8月には戦闘員を指揮する幹部2人が逮捕されるなどしたが,その後はビクトル・キスペ・パロミン及びホセ・キスペ・パロミンの兄弟が「ペルー武装共産党」(MPCP)と称するグループを率いて僻(へき)地で活動を続け,また,支援者の組織も存在しているとされ,壊滅には至っていないとされる。2020年には,南部・アヤクーチョ県で,同国軍部隊襲撃テロを繰り返した。

都市部の大学等においては,SL系とみられる政治団体「アムネスティと基本的人権運動」(MOVADEF)がSL擁護の活動を続けている。ペルー国家警察は,2012年7月から継続してきた捜査でSLとの関係が明らかになったとして,2014年4月,MOVADEFの摘発を開始した。一方,MOVADEFは,2015年1月,複数の左翼勢力と共に,統一連合体「ペルー人民の団結と防衛戦線」(FUDEPP)を結成している。

このページの先頭へ