フロントページ > 国際テロリズム要覧2021 > 注目される国際テロ組織、世界のテロ・ゲリラ組織等の概要及び動向 > カンレイ・ヤオル・カンナ・ラプ(KYKL)

カンレイ・ヤオル・カンナ・ラプ(KYKL)
Kanglei Yawol Kanna Lup

主な活動地域

インド(マニプール州)

組織の概要

「カンレイ・ヤオル・カンナ・ラプ」(KYKL)は,1994年,インド北東部・マニプール州で多数派を占めるメイテイ人による独立国家樹立を目的として,「統一民族解放戦線」(UNLF)の一派,「カンレイパク人民革命党」(PREPAK)の一派及び「カンレイパク共産党」(KCP)の一派が合流して結成された武装組織である。KYKLは,2015年6月に発生した陸軍の車列に対する待ち伏せ攻撃(兵士18人死亡)等のテロを実行したとされる。

インド政府は,KYKLをテロ組織に指定している。

このページの先頭へ