フロントページ > 国際テロリズム要覧について > 注目される国際テロ組織、世界のテロ・ゲリラ組織等の概要及び動向 > ラシュカレ・ジャンヴィ(LJ)

ラシュカレ・ジャンヴィ(LJ)
Lashkar-e-Jhangvi

国連制裁対象(2003年2月3日)

米国FTO(2003年1月30日)

主な活動地域

パキスタン(パンジャブ州、シンド州、バルチスタン州等)

組織の概要

「ラシュカレ・ジャンヴィ」(LJ)は、1996年、「シパエ・サハバ・パキスタン」(SSP)から分派し、スンニ派至上主義を掲げ設立された反シーア派のスンニ派過激組織である。パキスタン北東部・パンジャブ州、南部・シンド州及び南西部・バルチスタン州を中心に活動している。LJ設立者であり、指導者とみられていたマリク・イスハクは、警察に身柄を拘束されていた2015年7月、移送中に逃走したが、警察部隊との銃撃戦の末、死亡した。その後、後継指導者に就任したとされるアシフ・チョトゥー(別名リズワン)も、2017年1月、警察の掃討作戦で死亡した。

LJは、欧米人を標的としたテロも実行しており、米国紙記者誘拐殺害事件(2002年1月)に関与したとされるほか、首都イスラマバードでのキリスト教会爆破テロ(2002年3月、5人が死亡、邦人1人を含む46人が負傷)、シンド州カラチでのパキスタン海軍バス爆破テロ(2002年5月)を実行したとされる。また、シーア派を標的としたテロにも関与しているとされ、2017年6月に北西部・連邦直轄部族地域(FATA、現KP州)クッラム地区パラチナルの市場で発生した爆弾テロ等について、犯行声明を発出した。

LJは、「タリバン」、「アルカイダ」、「パキスタン・タリバン運動」(TTP)、ISIL関連組織「ホラサン州」等と関係を有しているとされる。2017年1月にクッラム地区の市場で発生した爆弾テロに関し、TTPのシェフリヤル・メスード派及び「ラシュカレ・ジャンヴィ・アル・アラミ」(注)が、LJ指導者が治安部隊に殺害されたことに対する報復として、共同で攻撃を実行した旨の犯行声明を発出した。また、2020年8月、TTPは、ウスマン・サイフッラー・クルド率いるLJのグループがTTPに忠誠を誓い合流すると公表した。

パキスタン政府は、2001年8月、LJを非合法化した。

このページの先頭へ