フロントページ > 国際テロリズム要覧2021 > 注目される国際テロ組織、世界のテロ・ゲリラ組織等の概要及び動向 > シンド解放軍(SLA)

シンド解放軍(SLA)
Sindh Liberation Army

別称:
シンドフデシュ解放軍 Sindhudesh Liberation Army

主な活動地域

パキスタン(シンド州)

組織の概要

「シンド解放軍」(SLA)は,ハイデラバードでの鉄道爆破テロを契機として,2010年,ダルヤー・カーンらが,シンド州に多く居住するシンド人による分離独立を目指して創設した過激組織であり,同州の州都でパキスタン最大都市であるカラチ,ハイデラバード等を拠点に活動しているとされる。組織発足以降,「バルチスタン解放軍」(BLA)等のバルーチ系過激組織との協力関係が指摘されている。

組織発足当初は,公的交通機関やインフラを主な攻撃対象としていたが,2016年5月にカラチでの中国人技師に対する爆弾テロで犯行声明を発出して以降,中国関係権益も攻撃対象となった。最近では,2020年6月にカラチ市内3か所で爆弾テロを実行した。

パキスタン政府は,2020年5月,テロリズム対策法に基づき,SLAを非合法化した。

このページの先頭へ