フロントページ > 国際テロリズム要覧2021 > 注目される国際テロ組織、世界のテロ・ゲリラ組織等の概要及び動向 > 預言者ムハンマドのイスラム法施行運動(TNSM)

預言者ムハンマドのイスラム法施行運動(TNSM)
Tehrik-e-Nifaz-e-Shariat-e-Mohammedi, Movement for the Enforcement of Islamic Laws

主な活動地域

パキスタン(KP州マラカンド地域)

組織の概要

「預言者ムハンマドのイスラム法施行運動」(TNSM)は,1989年又は1992年,マウラナ・スフィ・ムハンマドがデオバンド派イスラム主義政党「イスラム協会」(JI)から離脱して設立した過激組織であり,パキスタン北西部・KP州のマラカンド地域(注)でのイスラム法導入を主な目的として活動する「タリバン」支持勢力の一つである。KP州を主な拠点としていたが,2009年,パキスタン軍による掃討作戦で拠点を喪失し,マラカンド地域に活動が限定されたとされる。スフィ・ムハンマドの義理の息子であるマウラナ・ファズルッラーは,2002年にスフィ・ムハンマドに代わり,TNSMの最高指導者に就任した。

TNSMは,2001年後半の米国等によるアフガニスタン進攻の際,「タリバン」政権支援のため,約1万人の武装要員を同国に送り込んだとされる。同国から帰国したスフィ・ムハンマド及びファズルッラーは,同年収監された。アフガニスタンに送り込まれた武装要員の大半が死亡し又は拘束され,地元での支持も失い,同組織は大打撃を受けたとされる。しかし,パキスタン地震(2005年10月)後の人道支援活動や,2003年に釈放されたファズルッラーが,私設FMラジオ局を通じて活発な説教を行ったこと等により勢力を回復したとされる(同人は「ムッラー・ラジオ」の異名を持つ)。

TNSMは,2009年2月,KP州政府との間で,同地域でのイスラム法導入に武装活動の停止等を条件に合意したものの,同合意は間もなく頓挫した。その後,パキスタン政府は,2009年春,大規模な掃討作戦を実施し,スフィ・ムハンマドを拘束した。ファズルッラーはメンバーと共にアフガニスタン東部に逃れ,以後,同地を拠点にパキスタン治安部隊等を標的にしたテロ活動を展開した。

ファズルッラーは,2013年11月,TTP最高指導者ハキムラ・メスードが死亡したことを受け,TTP最高指導者にも選出されたが,2018年,米軍の空爆を受けて死亡したとされる。以降,TNSMの最高指導者は不明である。

パキスタン政府は,2002年1月,TNSMを非合法化した。

このページの先頭へ