フロントページ > 国際テロリズム要覧2021 > 注目される国際テロ組織、世界のテロ・ゲリラ組織等の概要及び動向 > アル・バドル

アル・バドル
Al-Badr

別称:
アル・バドル・ムジャヒディン Al-Badhr Mujahidin

主な活動地域

パキスタン,インド,カシミール地方,アフガニスタン

組織の概要

「アル・バドル」は,インド管理下のジャム・カシミール州のパキスタンへの編入を目的とするイスラム過激組織である。同組織は,自爆テロをカシミール地方に導入した最初の組織とされる。メンバーは数百人とされ,その大部分がパキスタン及びアフガニスタン出身(主にパシュトゥン人)とされる。

「アル・バドル」は,1971年に東パキスタン(現バングラデシュ)でベンガル人を攻撃した同名組織を源流とし,アフガニスタンにおいて,グルブッディン・ヘクマティアル(元アフガニスタン首相,「ヒズベ・イスラミ・ヘクマティアル派」代表)勢力の一部として活動した後,1990年から「ヒズブル・ムジャヒディン」(HM)の一部隊となったが,1998年にブフト・ザミーン・カーンが指揮してHMから分派したとされる。「アル・バドル」は「ラシュカレ・タイバ」(LeT),「ムハンマド軍」(JeM)等とも連携していたとされる。2008年までには同組織の戦闘員は枯渇し,数年間機能していないと報じられた(2013年10月)が,2018年6月,ジャム・カシミール州プルワマで,中央警察予備隊の車両を襲撃した(7人負傷)。

インド政府は,2002年4月,「アル・バドル」をテロ組織に指定した。

このページの先頭へ