フロントページ > 国際テロリズム要覧2021 > 注目される国際テロ組織、世界のテロ・ゲリラ組織等の概要及び動向 > アフレ・スンナト・ワル・ジャマート(ASWJ)

アフレ・スンナト・ワル・ジャマート(ASWJ)
Ahl-e-Sunnat wal Jamaat, Followers of the Sunni Tradition and Unity

別称:
スワヒリ・スンナ

主な活動地域

モザンビーク(北部)

組織の概要

「アフル・スンナ・ワル・ジャマア」(ASWJ)は,モザンビークのイスラム教団体から,同国北部でのイスラム法による統治を目的として2000年頃に分派した組織とされ,2015年から同国北部で活動が確認されている。ASWJは,2017年頃から武装化したとされ,同国北部・カーボ・デルガード州を拠点に住民や治安当局に対する襲撃を繰り返している。

ASWJは,2018年5月にISIL最高指導者バグダディ(当時)に忠誠を表明し,2019年6月以降,ISILの「中央アフリカ州」名で犯行声明を発出している。

このページの先頭へ