フロントページ > 国際テロリズム要覧2021 > 注目される国際テロ組織、世界のテロ・ゲリラ組織等の概要及び動向 > 神の抵抗軍(LRA)

神の抵抗軍(LRA)
Lord's Resistance Army

主な活動地域

ウガンダ(北部),南スーダン,中央アフリカ,コンゴ民主共和国

組織の概要

「神の抵抗軍」(LRA)は,1988年,ウガンダ北部で現体制の排除等を目的として設立されたキリスト教過激組織である。現在は,拠点を南スーダン,コンゴ民主共和国及び中央アフリカに移しているとされる。

設立当初の勢力は約4,000人とされたが,2008年12月のコンゴ民主共和国,ウガンダ及びスーダンによる共同軍事作戦等で,勢力は激減し,2017年時点では100人程度と指摘されている。

米国財務長官は,2008年8月,最高指導者ジョセフ・コニーを特別指定国際テロリスト(SDGT)に指定したほか,同国政府は,2013年4月,同人逮捕につながる情報に最大5万米ドルの懸賞金を設定した。

このページの先頭へ