フロントページ > 職員採用案内 > 障害者採用情報 > 令和3年度選考採用(障害者選考)の実施について

令和3年度選考採用(障害者選考)の実施について

2021年9月2日 更新

1 採用機関

公安調査庁,公安調査庁研修所,中部公安調査局

2 公募の内容

法務事務官(一般行政事務従事者/係員級)選考採用

3 職務の内容及び待遇等

⑴ 一般行政事務(定型的な事務)に従事する係員級職員として採用し,その後,国家公務員採用一般職試験(高卒者試験)合格者相当として任用します。

※ 具体的な職務内容は,旅費・謝金等の支払業務,出勤簿の管理,郵便物の仕分け,文書の受付,事務用物品の管理等を想定していますが,採用者の障害特性に応じた合理的配慮をしつつ,職務遂行能力や職務経験,希望する職務内容等も踏まえ決定します。

⑵ 原則として採用後に配属される勤務官署から異動はありませんが,本人の希望等を踏まえ,他の公安調査局や公安調査事務所などで勤務する場合もあります。

⑶ 給与は,「一般職の職員の給与に関する法律」に基づき,これまでの経歴などを考慮して決定・支給されます。

⑷ 勤務時間は,1週間当たり38時間45分,原則として土・日曜日及び祝日等の休日は休みです。休暇には,年20日の年次休暇(4月1日採用の場合,採用の年は15日。残日数は20日を限度として翌年に繰り越し)のほか,病気休暇,特別休暇(夏季,結婚,出産,忌引等),介護休暇があります。また,ワーク・ライフ・バランス(仕事と家庭生活の両立)支援制度として,育児休暇制度等があります。

4 応募資格

次の⑴及び⑵の両方に該当する者。

⑴ 次に掲げる手帳等の交付を受けている者

※ 下記の手帳等は受験申込日及び受験日当日において有効であることが必要です。

ア ⓵ 身体障害者手帳

⓶ 身体障害者福祉法第15条の規定により都道府県知事の定める医師が,当該都道府県において同条の申請に用いられる様式により作成した,障害の種類及び程度並びに障害者の雇用の促進等に関する法律別表に掲げる障害に該当する旨が記載された診断書・意見書

⓷ 産業医又は人事院規則10-4第9条等に規定する健康管理医による⓶に準じる診断書・意見書(心臓,じん臓,呼吸器,ぼうこう若しくは直腸,小腸,ヒト免疫不全ウイルスによる免疫又は肝臓の機能の障害に係るものを除く。)

イ 都道府県知事若しくは政令指定都市市長が交付する療育手帳等又は児童相談所,知的障害者更生相談所,精神保健福祉センター,精神保健指定医若しくは地域障害者職業センターによる知的障害者であることの判定書

ウ 精神障害者保健福祉手帳

⑵ 学校教育法(昭和22年法律第26号。以下同じ。)による大学,短期大学,高等専門学校若しくは高等学校を卒業した者又はこれらと同等以上の学力を有すると認められる者 
 

※ なお,以下に該当する方は応募できません。

⓵ 日本の国籍を有しない者

⓶ 国家公務員法第38条の規定により,国家公務員となることができない者

・ 禁錮以上の刑に処せられ,その執行を終わるまでの者又はその刑の執行猶予の期間中の者その他その執行を受けることがなくなるまでの者

・ 一般職の国家公務員として懲戒免職の処分を受け,その処分の日から2年を経過しない者

・ 日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し,又はこれに加入した者

⓷ 平成11年改正前の民法の規定による準禁治産の宣告を受けている者(心神耗弱を原因とするもの以外)

⓸ 国家公務員法第81条の2(定年による退職)に該当する者

5 採用予定人数

公安調査庁:2名
公安調査庁研修所:1名
中部公安調査局:1名

6 採用予定時期

令和4年4月1日以降

※ ただし,採用時期が前後することもあり得ます。また,採用者の事情に配慮することが可能な場合もありますので,御相談下さい。

7 選考日程

受付期間

令和3年10月1日(金)(必着・締切日厳守)

第1次選考

令和3年10月上旬(予定)

※合格者に対してのみ,第2次選考進出の連絡をします。

第2次選考

令和3年10月中旬(予定)

最終合格発表

令和3年10月下旬(予定)

※最終合格者に対してのみ,連絡します。

8 選考方法

第1次選考

・書類選考(経歴評定)

・論文試験(職務経験等に関する論文により,職務遂行に必要な能力等を有しているかどうか判断する試験)

第2次選考

・面接試験(人柄,対人能力等についての試験)

※ 試験地:第2次選考は各採用機関で実施(予定)

9 受験上の配慮

⑴ 聴覚障害のある方については,試験官の発言事項を書面で伝達することができます。

⑵ その他受験の際に何らかの配慮を希望される方は,応募時に申請してください。ただし,内容によっては,試験の実施上,配慮できない場合もあります。

10 応募方法

 次の必要書類を封筒に入れ簡易書留で送付してください。なお,送付に当たっては,封筒に「採用試験関係書類在中」と朱書きしてください。
 なお,複数の採用機関に応募することはできません。
【必要書類】

⑴ 履歴書

ア JIS規格のものを使用

イ 本人が作成すること

ウ 顔写真(3か月以内に撮影したカラー写真)を貼付

エ 中学卒業以降の学歴,職歴,賞罰を記載

オ 連絡先(確実に連絡の取れる電話番号(自宅・携帯),FAX番号,電子メールアドレスのうち,一つ以上を記載)

⑵ 手帳記載事項(任意の様式により,身体障害者手帳,指定医等の診断書等,療育手帳,児童相談所等が発行した知的障害者の判定書,精神障害者保健福祉手帳のいずれか一つについて,障害名,級別,交付機関,交付・再発行年月日(最新の日付),交付番号を記載。障害名は手帳等に記載がない場合は記入の必要はありません)

⑶ 卒業証明書(最終学歴)

⑷ 在職証明書(現在まで一切のもの。なお,間に合わない場合は,第2次選考当日に持参すること)

⑸ 職務経歴書又は活動経歴書(任意の様式により具体的な職務/活動内容を記載)

⑹ 志望動機(A4判1枚程度)

⑺ 小論文(A4判2000字程度) 公安調査庁に採用された場合,公安調査庁職員としてどのように貢献できると考えるのか,ご自身のこれまでの職務経験や専門性・能力について言及しつつ,具体的に説明してください。

※ 必要書類に虚偽の記載がなされている場合には,採用が取り消される場合があります。

※ 提出された書類の返却はいたしませんので,あらかじめ御了承ください。


【送付先】
採用機関 所在地(応募書類送付先) 連絡先
公安調査庁 〒100-0013
東京都千代田区霞が関1-1-1
中央合同庁舎6号館
総務部人事課
採用担当
03-3592-5711
(代表)
公安調査庁研修所 〒196-0035
東京都昭島市もくせいの杜2-1-14
採用担当
042-500-6131
(代表)
中部公安調査局 〒460-0001
愛知県名古屋市中区三の丸4-3-1
名古屋法務合同庁舎B棟2階
総務部人事担当
052-951-4531

このページの先頭へ

  • 経済安全保障に関する特集ページ
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
  • 選考採用募集中!!
  • パブリック・コメント
  • 国際テロリズム要覧2021
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。