本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > プレスリリース > 平成28年のプレスリリース > 平成28年上半期における外国人入国者数及び日本人出国者数について(確定値)
報道発表資料
平成28年9月27日

平成28年上半期における外国人入国者数及び日本人出国者数について(確定値)

・  外国人入国者数は1,145万6,344人で,前年同期比209万5,802人(22.4%)の大幅な増加
・  日本人出国者数は791万1,808人で,前年同期比28万7,274人(3.8%)の増加
  外国人入国者数及び日本人出国者数について本年から上半期分(1月から6月)と年間分の2回公表します。

1 外国人入国者数

(1)外国人入国者数(図1,表1)

 平成28年上半期における外国人入国者数(再入国者数を含む。)は,1,145万6,344人で,前年同期に比べ209万5,802人(22.4%)増,再入国者を除いた新規入国者数は1,036万8,124人で前年同期に比べ197万2,363人(23.5%)増となり,過去最高となりました。

(2)船舶観光上陸許可者数等(表14)

 上記(1)のほか,観光等を目的として我が国に一時的に上陸を認められた者は82万9,770人で,前年同期に比べ52万6,270人(173.3%)増と大幅に増加しました。その内訳は,平成27年1月にクルーズ船乗客に対する上陸手続を簡素化するため創設された船舶観光上陸許可者数が81万7,923人(前年同期比52万4,962人(179.2%)増加),寄港地上陸許可が8,413人(同607人(7.8%)増加),通過上陸許可が3,434人(同638人(22.8%)増加)です。

(注1) 「船舶観光上陸許可」は,法務大臣は指定するクルーズ船(指定旅客船)に乗っている外国人が,観光のため上
   陸する場合に,当該指定旅客船が出港するまでの間に帰船することを条件として,出国するまでの間7日又は30
   日を超えない範囲内で与えられるもの。
(注2) 「寄港地上陸許可」は,我が国を経由して他の国に行こうとする外国人が,乗り継ぎの際,買い物や休養等のた
   めに寄港地(空港又は海港)の近くに一時的に上陸する場合に,72時間の範囲内で与えられるもの。
(注3) 「通過上陸許可」は,我が国の2つ以上の出入国港に寄港する船舶に乗っている外国人が,1つの寄港地で上
   陸し,陸路で移動しながら観光した後,他の出入国港で同じ船舶に帰船して出港する場合,あるいは,我が国を経
   由して他の国へ行こうとする外国人乗客が,乗ってきた船舶・航空機の寄港地で上陸し,その周辺の他の出入国
   港から他の船舶・航空機で出国する場合に,それぞれ15日又は3日の範囲内で与えられるもの。

2 日本人出国者数(図1,表1)

 平成28年上半期における日本人出国者数は,791万1,808人で,前年同期に比べ28万7,274人(3.8%)増加しました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ