本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > プレスリリース > 平成29年のプレスリリース > 平成28年における外国人入国者数及び日本人出国者数等について(速報値)
報道発表資料
平成29年1月17日
法務省入国管理局

平成28年における外国人入国者数及び日本人出国者数等について(速報値)

・  外国人入国者数は約2,322万人で,前年比約353万人増加し,過去最高
・  日本人出国者数は約1,712万人で,前年比約90万人増加

1 外国人入国者数

 平成28年における外国人入国者数(再入国者数を含む。)は約2,322万人で,前年に比べ約353万人(約17.9パーセント)増加し,過去最高となりました(図1,表1)。
 そのうち,再入国者(注)を除いた新規入国者数は約2,109万人で,前年に比べ約330万人(約18.5パーセント)増加し,過去最高となりました。
  国籍・地域別の新規入国者数は,韓国(約492万人)が最も多く,次いで中国(約435万人),台湾(約390万人)の順となっています。また,上位10か国には,ASEAN諸国のタイ(約89万人),マレーシア(約38万人),シンガポール(約35万人)及びフィリピン(約32万人)が入っています(図2,表2)。
  平成27年の外国人入国者数は,対前年比で約554万人(約39.1パーセント)と大幅に増加しましたが,平成28年においては,増加傾向は鈍化したものの,対前年比で約353万人(約17.9パーセント)と堅調に増加しており,官民一体となった観光先進国実現に向けた取組が観光客の増加を促しているものと考えられます。
 (注) 「再入国者」とは,我が国に,就労,勉学等で中長期にわたり在留している外国人で,里帰りや観光・商用で一時的に我が国を出国し,再び
     入国する方をいいます。

2 日本人出国者数

  平成28年における日本人出国者数は約1,712万人で,前年に比べ約90万人(約5.6パーセント)増加し,4年ぶりに増加に転じました(図1,表1)。

3 船舶観光上陸許可数等

 平成28年の船舶観光上陸許可数(注1)は約194万人で,前年に比べ約86万人(約80.7パーセント)増加しました。 
 国籍・地域別の船舶観光上陸許可数は,中国(約161万人,対前年比約87.3パーセント増)が最も多く,全体の約82.9パーセントを占めており,次いで台湾(約20万人,対前年比約34.2パーセント増),中国〔香港〕(約4万人,対前年比約127.1パーセント増)となっています。
 また,平成28年の寄港地上陸許可数(注2)は約1万6,000人(前年比約400人増),通過上陸許可数(注3)は約5,900人(前年比約700人増)でした。
(注1) 「船舶観光上陸許可」は,法務大臣が指定するクルーズ船(指定旅客船)に乗っている外国人が,観光のため上陸する場合に,当該指定旅客
   船が出港するまでの間に帰船することを条件として,出国するまでの間7日又は30日を超えない範囲内で与えられるもの。
(注2) 「寄港地上陸許可」は,我が国を経由して他の国に行こうとする外国人が,乗り継ぎの際,買い物や休養等のために寄港地(空港又は海港)の
   近くに一時的に上陸する場合に,72時間の範囲内で与えられるもの。
(注3) 「通過上陸許可」は,我が国の2つ以上の出入国港に寄港する船舶に乗っている外国人が,1つの寄港地で上陸し,陸路で移動しながら観光し
   た後,他の出入国港で同じ船舶に帰船して出港する場合,あるいは,我が国を経由して他の国へ行こうとする外国人乗客が,乗ってきた船舶・航
   空機の寄港地で上陸し,その周辺の他の出入国港から他の船舶・航空機で出国する場合に,それぞれ15日又は3日の範囲内で与えられるもの。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ