特定活動15

スキーインストラクターとしての活動を希望する場合

提出資料

1 在留資格変更許可申請書 1通
※地方出入国在留管理官署において,用紙を用意しています。また,こちらのページから取得することもできます。
申請人等作成用1,2Uから4U及び所属機関等作成用1Uから3Uを御利用ください。

2 写真(縦4cm×横3cm) 1葉
※申請前3か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。
※写真の裏面に申請人の氏名を記載し,申請書の写真欄に貼付してください。


3 パスポート及び在留カード 提示

4 身分を証する文書等(取次証明書,戸籍謄本等) 提示
※上記4については,申請人本人以外の方(申請ができる方については,こちらのページを参照してください。)が申請を提出する場合において,申請を提出できる方かどうかを確認させていただくために必要となるものです。また,申請人以外の方が申請書類を提出する場合であっても,上記3の「申請人のパスポート及び在留カードの提示」が必要です。

5 申請人の活動内容を明らかにする資料として以下のいずれかの資料 1通
(1) 雇用契約書の写し及び労働条件を明示する文書の写し(活動の内容,雇用期間,報酬等の待遇を記載したもの)
(2) 雇用以外の契約を締結する場合は,当該契約書の写し

6 申請人の技能を証明する以下のいずれかの資料
(1) 公益社団法人日本プロスキー教師協会(SIA)が認定する次に掲げるいずれかの資格を有することを証明する資料
 ・ アルペンスキー・ステージI
 ・ アルペンスキー・ステージII
 ・ アルペンスキー・ステージIII
 ・ アルペンスキー・ステージIV

(2) 公益社団法人日本プロスキー教師協会(SIA)が上記(1)に掲げるものと同等以上と認めるスキーの指導に関する資格を有することを証明する資料

  申請人が勤務する日本にある機関の概要を明らかにする次のいずれかの資料
(1) 勤務先等の沿革,役員,事業内容等が詳細に記載された案内書(パンフレット等) 1通
(2) 勤務先等の作成した上記(1)に準ずるその他の
文書 1通
(3) 登記事項証明書 1通

留意事項

 在留資格変更許可申請に関する手続等の案内については,出入国在留管理庁ホームページの「各種手続案内」を御覧ください。
2 提出資料が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を添付してください。
3 原則として,提出された資料は返却できませんので,再度入手することが困難な資料の原本等の返却を希望する場合は,申請時に申し出てください。
4 活動内容を変更し,他の在留資格に該当する活動を行おうとする場合は,速やかに申請してください。継続して3か月以上,現に有している在留資格に係る活動を行っていない場合は,在留資格の取消しの対象となります。