本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 内部部局 > 入国管理局 > 統計に関するプレスリリース > 平成20年末現在における外国人登録者統計について

平成20年末現在における外国人登録者統計について

平成 21年 7月
法務省入国管理局
 外国人登録者数は,2,217,426人で,我が国総人口の1.74パーセントを占め,いずれも過去最高を更新している。
 外国人登録者の国籍(出身地)数は190であり,そのうち,中国(注)が655,377人で全体の29.6パーセントを占め最上位を占めている。韓国・朝鮮は,前年に比べ4,250人減少し,589,239人で全体の26.6パーセントとなっている。
 39都道府県で前年を上回り,上位10都府県のすべての都府県で増加している。
 在留資格別では,「永住者(一般永住者)」が前年比52,299人(11.9パーセント)増の492,056人で最多となっているが,「技能」,「技術」もそれぞれ21.6パーセント,17.0パーセント増加している。

  (注)中国には中国(台湾),中国(香港)を含む。

 総数及び推移 -第1図 【PDF】-
 平成20年末現在における外国人登録者数は2,217,426人で,引き続き過去最高記録を更新している。この数は,前年に比べ64,453人(3.0パーセント)の増加,10年前(平成10年末)に比べると705,310人(46.6パーセント)の増加で,10年間で外国人登録者数は約1.5倍になった。外国人登録者の我が国総人口1億2,769万2千人(総務省統計局の「平成20年10月1日現在推計人口」による。)に占める割合は,前年に比べ0.05ポイント増加し1.74パーセントとなっている。
 男女別では,女性が1,185,641人(53.5パーセント),男性が1,031,785人(46.5パーセント)となっている。  

 国籍(出身地)別 -第1表,第2図 【PDF】-    
 外国人登録者の国籍(出身地)の数は190(無国籍を除く。)であり,中国が655,377人で全体の29.6パーセントを占め,以下,韓国・朝鮮,ブラジル,フィリピン,ペルー,米国と続いている。  

 都道府県別 -第2から3表,第3図 【PDF】-   
 外国人登録者数が最も多いのは東京都(402,432人)で,全国の18.1パーセントを占めている。以下は,愛知県,大阪府,神奈川県,埼玉県,千葉県,静岡県,兵庫県,岐阜県,茨城県の順で,上位10都府県(1,566,926人)で全国の70.7パーセントを占めている。前年に比べ,7位は静岡県で,兵庫県は静岡県と入れ替わり8位となった。この10都府県の中で,前年より減少した都府県はなく,岐阜県,茨城県を除く1都1府6県で,登録者数が10万人を超えている。

 在留資格別 -第4表,第4図 【PDF】-
   在留資格「永住者(一般永住者)」が,前年に比べ52,299人増加し,492,056人となっており,「特別永住者」は420,305人で,前年に比べ9,924人減少している。以下,「定住者」,「日本人の配偶者等」,「留学」の順となっている。
前年に比べ,「技能」及び「技術」がそれぞれ21.6パーセント及び17.0パーセント増加している。
一方,「定住者」3.8パーセント,「日本人の配偶者等」4.5パーセント,「興行」17.1パーセント,それぞれ減少している。     
(注 )本文及び表の各項目における構成比(%)は表示桁未満を四捨五入してあるため,構成比の総計は必ずしも100とはなっていない。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ