フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > バンサモロ・イスラム自由戦士 (BIFF)

バンサモロ・イスラム自由戦士(BIFF)
Bangsamoro Islamic Freedom Fighters

主な活動地域

フィリピン(マギンダナオ州,コタバト州など)

組織の概要

「バンサモロ・イスラム自由戦士」(BIFF)は,「モロ・イスラム解放戦線」(MILF)強硬派司令官アメリル・ウンブラ・カトが,和平交渉を再開したMILFを脱退して2010年12月に設立した武装組織である。

2008年8月,フィリピン政府とMILFとの和平交渉において,モロ民族自治行政体の設置などを内容とした覚書に関する交渉が決裂したことに反発したカトらMILF強硬派がフィリピン国軍と交戦状態となったことを機に,カトらと指導部との対立が顕在化した。カトは,和平交渉を再開したMILF指導部を「ジハードを放棄した」などと批判していたが,2015年4月に病死し,政治部門副官だったエスマイル・アブバカル(別名コマンダー・ブンゴス)が後継者に選出された。

BIFFは,ミンダナオ島中部のマギンダナオ州やコタバト州において国軍に対する襲撃を頻発させている。また,2015年1月に治安部隊の掃討作戦で死亡した「ジェマー・イスラミア」(JI)のマレーシア人古参幹部ズルキフリ・ビン・ヒルを庇護し,爆弾製造等の訓練を受けていたとも指摘されている。

BIFFは,2014年8月,「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)への忠誠を表明した。また,ブンゴス指導下でISILへの傾斜を強める指導部に反発するイマーム・ミニンバン(通称ウスターズ・カリアラン)率いる勢力(約40~60人)が,2016年7月,「モロの大義に忠実であること」を主張して分派した。また,同年10月には,ISILを強く支持する少数の勢力が,新組織「ムアッサスーン」を設立して分派した。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。