本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 省議・審議会等 > 過去の審議会等 > 過去のその他会議 > 難民問題に関する専門部会 > 難民認定制度に関する検討結果(最終報告)

難民認定制度に関する検討結果(最終報告)

目  次

第四次出入国管理政策懇談会意見
第四次出入国管理政策懇談会のメンバー
難民問題に関する専門部会のメンバー

第1 はじめに
第2 難民認定制度の沿革,手続及び現状等の概要
 1 難民認定制度の沿革
 2 我が国の難民認定制度における「難民」の意味
 3 難民認定手続等
 (1) 申請期間
 (2) 立証責任及び事実の調査
 (3) 難民の認定・不認定の通知及び不認定に対する異議の申出
 (4) 難民認定の効果
 4 我が国における難民認定状況の概要
第3 専門部会における調査・審議の概要と法務省の取組等
 1 中間報告に至る経緯
 2 中間報告の概要
 (1) 難民問題に関する基本的理念と方向性
 (2) いわゆる「60日ルール」について
 (3) 難民認定申請中の者の法的地位について
 (4) 関連する提言
 (5) 今後の課題
 (6) 出入国管理政策懇談会により追加された意見
 3 中間報告等を踏まえた法務省の取組
 (1) 入管法の一部を改正する法律案の提出
 (2) 難民調査官の増員等
 (3) 難民調査官の研修等の充実・強化
 (4) 不認定理由の具体的で明確な告知
 (5) 空港における案内窓口の設置
 4 不服申立制度に関する調査審議経過
第4 不服申立制度の現状
 1 我が国の不服申立制度
 (1) 異議申出制度の概要
 (2) 異議申出状況
 2 主要国における不服申立制度
第5 不服申立制度に関する提言
 1 第三者関与の妥当性と配慮すべき諸点
 2 第三者関与の具体的な制度案
 (1) 諮問機関としての位置付け
 (2) 専門委員制度の導入
 (3) 専門委員の人選
 (4) 審査手続の改善
 3 不服申立期間

ページトップへ