本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 省議・審議会等 > その他会議 > 出入国管理政策懇談会 > 「人口減少時代における出入国管理行政の当面の課題~円滑化と厳格化の両立に向けて~」

「人口減少時代における出入国管理行政の当面の課題~円滑化と厳格化の両立に向けて~」

目  次

はしがき
出入国管理政策懇談会メンバー
報告書のポイント

第1 はじめに-今後見込まれる状況変化と出入国管理行政の役割
第2 我が国が必要とする外国人の円滑な受入れ
 1 専門的,技術的分野における外国人労働者の受入れの推進
 (1) 専門的,技術的分野における受入れ全般についての基本的考え方と対応
 (2) 特に高度な人材の受入れの促進
 2 人口減少時代における出入国管理行政の課題
 3 人材育成を通じた国際関係の展開
 (1) 研修・技能実習制度
 (2) 留学,就学
 4 文化交流の拡大
 (1) 訪日観光客の拡大
 (2) その他の文化交流の拡大のための施策
 5 長期にわたり我が国に滞在する外国人への対応
 (1) 永住許可の在り方
 (2) 外国人が住みやすい環境作りのために必要な措置等
第3 不法滞在者問題への対応
 1 積極的な摘発,円滑な送還の実施等
 2 法違反者の状況に配慮した取扱い
 (1) 在留特別許可の在り方
 (2) 人身取引の被害者に対する配慮等
 3 上陸審査及び在留審査の厳格化と円滑化の両立
第4 その他の主要な課題
 1 難民問題
 2 国際会議への対応・国際協力の更なる推進
 3 来訪者の視点に立った業務の推進
第5 おわりに-第4次出入国管理政策懇談会報告書のむすびにかえて

ページトップへ