本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 内部部局 > 入国管理局 > 市場化テスト(民間競争入札)のお知らせ > 外国人在留総合インフォメーションセンターの運営業務及び入国・在留手続の窓口業務に係る委託契約の解除等について

外国人在留総合インフォメーションセンターの運営業務及び入国・在留手続の窓口業務に係る委託契約の解除等について

平成24年7月20日
法務省入国管理局
 競争の導入による公共サービスに改革に関する法律(平成18年法律第51号,以下「法」といいます。)に基づき実施していた「外国人在留総合インフォメーションセンターの運営業務」及び「入国・在留手続の窓口業務」に係る委託契約について,下記のとおり契約を解除しましたので,お知らせします。
 なお,契約解除後のこれら業務については,新たな受託事業者が決定するまでの間,国において実施しますので,該当する地方入国管理局・支局におけるインフォメーションセンター及び入国・在留手続の窓口における取扱業務に変更はありません。

1 契約解除した受託事業者

 本店:東京都世田谷区北沢五丁目37番12号
 商号:アイエーカンパニー合資会社

2 解除した契約

(1)次の地方入国管理局・支局の平成22年度外国人在留総合インフォメーションセンターの運営業務委託契約
 ア 東京入国管理局(平成22年12月27日契約)
 イ 東京入国管理局横浜支局(平成22年12月28日契約)
 ウ 大阪入国管理局(平成23年1月7日契約)
(2)次の地方入国管理局・支局の平成22年度入国・在留手続の窓口業務委託契約
 ア 東京入国管理局(平成22年12月27日契約)
 イ 東京入国管理局横浜支局(平成22年12月27日契約)

3 解除する契約期間

 平成24年7月1日から平成26年3月31日まで

4 契約解除の理由

 受託事業者から平成24年7月1日以降の契約履行が困難であるとの申し出があり,同月2日以降,同事業者による委託業務が実施されておらず,また,今後も実施することができないことが明らかであることから,上記2の各委託契約書の契約解除に係る規定(法第22条第1項第1号ニと同様の規定)に基づき,上記2の各委託契約を上記3の期間について解除しました。
ページトップへ