本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 内部部局 > 入国管理局 > 1951年難民の地位に関する条約採択60周年及び日本の難民条約加入30周年記念シンポジウム開催について

1951年難民の地位に関する条約採択60周年及び日本の難民条約加入30周年記念シンポジウム開催について

 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)主催,外務省,法務省及び独立行政法人国際協力機構共催による「1951年難民の地位に関する条約採択60周年及び日本の難民条約加入30周年記念シンポジウム-明日へのチカラ,どうする日本」が開催されました。

実施概要

■日時
  平成23年11月17日(木)午後2時~午後5時30分
■会場
  国連大学本部ウ・タント国際会議場
■主催
  国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)
■共催
  外務省,法務省,独立行政法人国際協力機構
■協力
  国連UNHCR協会
■後援
  マスコミ各社
■言語
  英語・日本語(同時通訳)

プログラム

■第一部(14:00~15:30)
  難民保護と人道支援における日本の役割:成果と課題

■第二部(15:45~17:20)
  パネルディスカッション:世界が直面する自然災害の脅威,増加する避難民-日本の役割

法務大臣の挨拶

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ