本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > プレスリリース > 平成26年のプレスリリース > 平成25年における外国人入国者数及び日本人出国者数について(確定値)
報道発表資料
平成26年2月19日

平成25年における外国人入国者数及び日本人出国者数について(確定値)

  • 外国人入国者数は1,125万人5,221人で,前年比208万3,075人の大幅な増加
  • 日本人出国者数は1,747万人2,748人で,前年比101万7,909人減少

標記については,平成26年1月に速報値として公表しましたが,数値が確定しましたので,国籍・地域別新規入国・再入国別外国人入国者数等と併せて公表します。(図1~図5,表1~表15)

1 外国人入国者数

(1)外国人入国者数

平成25年における外国人入国者数(再入国者数を含む。)は1,125万5,221人で,前年に比べ208万3,075人(22.7パーセント),再入国者を除いた新規入国者数については955万4,415人で,前年に比べ200万4,417人(26.5パーセント)それぞれ増加し,過去最高となりました(図1,表1)。

国籍・地域別の新規入国者数は,韓国(230万5,975人),台湾(216万5,280人),中国(98万3,268人),米国(74万2,811人),中国(香港)(71万8,829人)が上位5か国となっています。また,上位10か国にはASEAN諸国のタイ(44万3,740人)及びマレーシア(16万6,467人)が入っています(表2,図4,表14)。

 (注) 「再入国者」とは,我が国に就労,勉学等で中長期にわたり在留している外国人で,里帰りや観光・商用で一時的に我が国を出国し,再び入国するものをいいます。

 

(2)寄港地上陸許可数

平成25年における空海港での寄港地上陸許可数は7万6,378人であり,前年の13万6,916に比べ6万538人(44.2パーセント)減少しました。 

(注) 「寄港地上陸許可」とは,本邦に寄港した後,別の港に向かう船舶等の乗客に対し,買物や休養等のため寄港した港の近傍に72時間以内の上陸を認めるものです。大型クルーズ船の外国人乗客に対しては,従来は「短期滞在」を許可し,上記(1)の外国人入国者数に含まれていましたが,平成24年6月から大型クルーズ船乗客の上陸審査迅速化のため,寄港地上陸許可制度を活用した合理化策を開始しました。

なお,寄港地上陸許可数は,上記(1)の外国人入国者数に含まれていません。

 

2 日本人出国者数

   平成25年における日本人出国者数は1,747万2,748人で,前年に比べ101万7,909人(5.5パーセント)減少しました(図1,表1)。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ