本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 内部部局 > 入国管理局 > 「高度人材に対するポイント制による出入国管理上の優遇制度」の検討結果について

「高度人材に対するポイント制による出入国管理上の優遇制度」の検討結果について

平成24年1月5日
                                                              法務省入国管理局

 平成23年12月28日,平岡法務大臣は,「高度人材に対するポイント制による出入国管理上の優遇制度」の検討結果を公表しました。(「平成23年12月28日法務大臣記者会見の概要」参照)
 

1 概要

 本制度は,現行の外国人受入れの範囲内で,経済成長や新たな需要と雇用の創造に資することが期待される高度な能力や資質を有する外国人,すなわち「高度人材」の受入れを促進するため,「学歴」,「職歴」,「年収」といった項目ごとにポイントを設け,その合計が一定の点数に達した方を「高度人材」と認定して,出入国管理上の優遇措置を講ずるものです。優遇措置としては,永住許可の要件の緩和や,家事使用人の帯同などを予定しています。(制度の詳細については資料参照〔PDF〕)

2 今後の予定

 できるだけ早期に本制度を開始できるよう,近日中に告示案(注)に関するパブリック・コメントを実施し,その後所要の手続を経て公布する予定です。

 (注) 本制度については,法務大臣告示の改正等により整備する予定です。
     なお,予定している優遇措置のうち「在留期間「5年」の付与」については,平成21年に可決・成立した改正入管
   法の施行日(平成24年7月9日)後の実施となります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ