本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > プレスリリース > 平成28年のプレスリリース > 第7次出入国管理政策懇談会の開催について
報道発表資料
平成28年9月29日
法務省入国管理局

第7次出入国管理政策懇談会の開催について

  出入国管理の在り方等について広く各界の有識者の方々から意見を聴くため,法務大臣の私的懇談会として「第7次出入国管理政策懇談会」を開催します。

1 開催の趣旨

  出入国管理政策懇談会は,将来的な出入国管理行政の在り方等について広く各界の有識者から意見を聴くために設けられた法務大臣の私的懇談会であり,平成2年11月に第1次出入国管理政策懇談会が設けられて以降,これまで6次にわたる政策懇談会が設けられました。法務大臣が概ね5年ごとに策定している「出入国管理基本計画」は,それぞれ政策懇談会の議論を参考として策定されています。
  この度,出入国管理行政が直面する様々な課題について幅広い観点から議論いただき,今後の出入国管理行政に係る施策の立案や次期出入国管理基本計画の策定に当たっての参考とするため,第7次出入国管理政策懇談会を開催することとしました。

2 委員

3 検討事項等

(1) 当面の主な検討事項
 ・  2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた円滑かつ厳格な出入国管理
 ・  高度外国人材を始めとする我が国に活力をもたらす外国人の受入れ
 ・  難民の適正かつ迅速な庇護 等
(2)検討スケジュール
   概ね2~3か月に1度会合を開催し,議論・検討を重ねていただく予定です。
(3)開催予定(第1回)
   平成28年9月27日(火)午前10時30分から正午


 
ページトップへ