本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 内部部局 > 入国管理局 > 統計に関するプレスリリース > 平成21年における日本企業等への就職を目的とした「技術」又は「人文知識・国際業務」に係る在留資格認定証明書交付状況について

平成21年における日本企業等への就職を目的とした「技術」又は「人文知識・国際業務」に係る在留資格認定証明書交付状況について

平成22年7月9日
平成21年にわが国の企業等に就職することを目的として「技術」又は「人文知識・国際業務」の在留資格で在留資格認定証明書の交付を受けた外国人は8,905人で,前年比49.1%減少した。
1 平成21年に,専門的技術や知識等を活用してわが国の企業等に就職する目的で「技術」又は「人文知識・国際業務」の在留資格で在留資格認定証明書の交付を受けた外国人は8,905人で,うち「技術」が3,956人(44.4%),「人文知識・国際業務」が4,949人(55.6%)であった。
 「技術」は前年比6,670人(62.8%),「人文知識・国際業務」は前年比1,915人(27.9%)減少した。

2 国籍・出身地別交付件数は,(1)中国2,161人,(2)韓国1,226人,(3)米国1,221人,(4)インド678人,(5)英国488人,(6)フィリピン367人で,アジア諸国が全体の65.7%を占め,以下北米16.8%,ヨーロッパ13.0%の順となっている。

3 業種別交付件数は,非製造業が7,498人(84.2%),製造業が1,407人(15.8%)である。

4 職務内容別交付件数は,「技術」では情報処理2,013人(50.9%),技術開発747人(18.9%),設計527人(13.3%)と続き,「人文知識・国際業務」では教育1,661人(33.6%),翻訳・通訳993人(20.1%),販売・営業480人(9.7%)となっている。
ページトップへ