本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > 省議・審議会等 > その他会議 > 技能実習制度の見直しに関する法務省・厚生労働省合同有識者懇談会

技能実習制度の見直しに関する法務省・厚生労働省合同有識者懇談会

概要

 技能実習制度の見直しについて,第6次出入国管理政策懇談会・外国人受入れ制度検討分科会「技能実習制度の見直しの方向性に関する検討結果(報告)」(平成26年6月10日)を踏まえ,「日本再興戦略改訂2014」(平成26年6月24日閣議決定)において,「新たな法律に基づく制度管理運用機関の設置など,管理監督の在り方を年内を目途に抜本的に見直し,2015年度中の新制度への移行を目指す」とともに,実習期間の延長や受入れ枠の拡大について,「2015年度中の施行に向けて,所要の制度的措置を講ずる」こと等とされています。
 このため,法務省入国管理局長及び厚生労働省職業能力開発局長が開催する懇談会として「技能実習制度の見直しに関する法務省・厚生労働省合同有識者懇談会」を設置し,技能実習制度の管理監督体制の抜本的強化策,実習期間の延長,受入れ枠拡大等の制度の拡充策等について,広く各界の意見を募り,検討の参考とすることを目的としています。

報告書

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ