本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > プレスリリース > 平成28年のプレスリリース > 「トラスティド・トラベラー・プログラム」の開始について
報道発表資料
平成28年10月27日

「トラスティド・トラベラー・プログラム」の開始について

 法務省入国管理局では,平成28年11月1日から,自動化ゲートの利用対象者の範囲を拡大するトラスティド・トラベラー・プログラムを開始します。

1 導入目的

  従来,自動化ゲートの利用対象者は日本人及び再入国許可等により出入国する外国人に限られていましたが,近年の訪日外国人旅行者の急増を受け,利用対象外であった外国人旅行者のうち,出入国管理上のリスクが低く,頻繁に我が国に入国する外国人ビジネスマン等を「信頼できる渡航者(トラスティド・トラベラー)」と認め,新たに自動化ゲートの利用対象とすることで,空港の対面審査ブースにおける混雑を緩和し,全体として,外国人旅行者の出入国手続をより迅速にすることを目的とするものです。

2 自動化ゲート導入空港

 成田空港(ターミナル1及び2),羽田空港,中部空港及び関西空港

3 運用開始日

 平成28年11月1日から運用開始
 申請・利用手続については特設ホームページ(入国管理局のホームページに繋がります。)を御覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ