本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > プレスリリース > 平成29年のプレスリリース > 平成28年の「不正行為」について
報道発表資料
平成29年3月8日
法務省入国管理局

平成28年の「不正行為」について

 平成28年に外国人の研修・技能実習の適正な実施を妨げる「不正行為」を行ったと認められる旨を通知した外国人研修生・技能実習生の受入れ機関は,239機関となりました。
1 平成28年に「不正行為」を通知した機関は239機関でした。これは平成27年の273機関と比べると12.5%の減少,平成26年の241機関と比べると0.8%の減少となっており,現行制度が施行された平成22年以降の推移として増加傾向にあったものが,減少に転じました。

2 受入れ形態別にみると,企業単独型の受入れ機関は2機関(0.8%),団体監理型の受入れ機関は237機関(99.2%)です。

3 「不正行為」を通知した団体監理型の受入れ機関(237機関)の内訳は,監理団体が35機関(14.8%),実習実施機関が202機関(85.2%)です。

4 「不正行為」の類型別の件数(注)は383件です。
  前年と同じく,労働時間や賃金不払等に係る労働関係法令の違反に関する「不正行為」が134件(35.0%)と最も多く,次いで,「不正行為」を隠蔽する目的で偽変造文書等を行使又は提出したことに関する「不正行為」が94件(24.5%),申請内容と異なる他の機関に技能実習を実施させたこと又は当該他の機関において技能実習を実施したことに関する「不正行為」が51件(13.3%)となっています。

 (注)一つの機関に対して複数の類型により「不正行為」を通知する場合があり,「不正行為」を通知した機関数と類型別の件数とは一致しません。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ