本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > プレスリリース > 平成29年のプレスリリース > 羽田空港における「顔認証ゲート」の導入について
報道発表資料
平成29年10月10日
法務省入国管理局

羽田空港における「顔認証ゲート」の導入について

 法務省入国管理局では,平成29年10月18日(水)から,羽田空港上陸(帰国)審査場に顔認証ゲート3台を先行導入し,日本人の帰国手続において運用を開始します。なお,顔認証ゲートの利用に当たり,事前の利用登録手続は必要ありません。

1 導入目的


顔認証ゲート
   観光立国実現のため,訪日外国人旅行者数を2020年に4,000万人,203
  0年には6,000万人とすることを目指し,様々な取組が行われているところ,
  顔認証技術を活用して日本人の出帰国手続を合理化し,より多くの入国審査官
  を外国人の審査に充て,審査の厳格さを維持しつつ更なる円滑化を図ることを
  目的とするものです。

2 導入空港

   羽田空港 上陸(帰国)審査場

3 運用開始日

   平成29年10月18日(水)

4 添付資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2014年10月時点のものです。

ページトップへ