本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > プレスリリース > 平成31年・令和元年のプレスリリース > 在留資格手続のオンライン化について
報道発表資料
平成31年3月26日
法務省入国管理局

在留資格手続のオンライン化について

本年3月29日,在留期間更新許可申請等をオンラインで行うための事前申込手続の受付を開始します。

1 経緯・背景

 昨年6月に閣僚決定された「未来投資戦略2018」において,「外国人を適正に雇用し,また,外国人雇用状況届出等を履行している所属機関を対象に,外国人本人に代わって手続を行うことを可能とする在留資格手続上のオンライン申請を本年度から開始する」とされたことを踏まえ,法務省では,在留資格手続のオンライン化を検討してまいりました。
 そして,本年3月22日,改正出入国管理及び難民認定法施行規則を公布するとともに,本日,入国管理局ホームページに手続等に関する情報を掲載しました。
 また,本年3月29日,在留期間更新許可申請等をオンラインで行うための事前申込手続の受付を開始します。
 なお,オンラインにおける申請そのものの受付は本年7月中に開始する予定です。

2 概要

 別紙のとおり

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ