トップページ  >  会見・報道・お知らせ  >  プレスリリース  >  平成31年・令和元年のプレスリリース  >  平成30年における日本企業等への就職を目的とした在留資格「技術・人文知識・国際業務」に係る在留資格認定証明書交付状況について
報道発表資料
令和元年10月23日

出入国在留管理庁

平成30年における日本企業等への就職を目的とした在留資格「技術・人文知識・国際業務」に係る在留資格認定証明書交付状況について

 平成30年に我が国の企業等に就職することを目的として在留資格「技術・人文知識・国際業務」に係る在留資格認定証明書の交付を受けた外国人は41,510人で,前年比38.1%増加しました。

1 平成30年に,専門的技術や知識等を活用して我が国の企業等に就職する目的で在留資格「技術・人文知識・国際
 業務」に係る在留資格認定証明書の交付を受けた外国人は41,510人で, 前年比11,445人(38.1%)増加しまし
 た。

2 国籍・地域別の交付を受けた人数は,(1)ベトナム9,927人,(2)中国8,209人,(3)韓国4,606人,(4)インド
 3,341人,(5)台湾2,316人となっており,アジア諸国が全体の84.8%を占め,以下北米諸国6.6%,ヨーロッパ
 諸国6.2%の順となっています。

3 職務内容別の交付を受けた人数の主なものは,技術開発(情報処理分野)9,400人(16.5%),翻訳・通訳7,746
 人(13.6%),設計5,698人(10.0%),技術開発(情報処理分野以外)5,468人(9.6%)となっています。
 (注)複数の項目にチェックがあったものは重複して計上しています。

  

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。