本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > プレスリリース > 過去のプレスリリース > 平成23年のプレスリリース > 外国人登録事務取扱回答文書の所在不明について(お詫び)
報道発表資料
平成23年2月28日
法務省入国管理局

外国人登録事務取扱回答文書の所在不明について(お詫び)

個人情報が含まれる法務省入国管理局登録管理官所管の外国人登録事務取扱回答文書つづり1冊が所在不明となっており,鋭意捜索中ですが,誠に残念ながら発見に至っておりません。
1 所在不明となっている文書の内容等
 今般,所在不明となっている外国人登録事務取扱回答文書つづりには,地方自治体からの新規の外国人登録申請(外国人登録法第3条)に関する照会及び登録管理官からの回答に係る文書(平成18年中に作成)が21件(21名分)つづられております。
 これらの文書には,外国人の氏名,性別,国籍,生年月日などの個人情報が記入された外国人登録申請書(外国人登録法施行規則第1条別記第1号様式)の写し等が含まれております。
2 外部流出の可能性
 平成22年2月に行った一斉文書廃棄処分の際に,本件文書つづりが誤って廃棄された可能性が高く,また,これまでに,本件文書つづりが流出したことをうかがわせる情報は得ていないことから,第三者への外部流出の可能性は極めて低いものと考えておりますが,今般,このような事態を招いたことについて,深くお詫び申し上げます。
3 再発防止
 当局では,今回の事態を真摯に反省するとともに,今後,同様の事態を発生させないよう,行政文書の管理状況を的確に把握する体制を改めて構築し,文書の適正管理の更なる徹底を図るなど,その再発防止に努める所存です。
ページトップへ