本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 行政手続の案内 > 出入国管理及び難民認定法関係手続 > 契約機関に関する届出(高度専門職1号イ又はロ,高度専門職2号(イ又はロ),研究,技術・人文知識・国際業務,介護,興行,技能)

契約機関に関する届出(高度専門職1号イ又はロ,高度専門職2号(イ又はロ),研究,技術・人文知識・国際業務,介護,興行,技能)

手続名 契約機関に関する届出
手続根拠 出入国管理及び難民認定法第19条の16第2号
手続対象者
契約機関の名称若しくは所在地の変更若しくはその消滅又は契約機関との契約の終了若しくは新たな契約の締結があった高度専門職1号イ又はロ,高度専門職2号(イ又はロ),研究,技術・人文知識・国際業務,介護,興行(所属機関との契約に基づいて活動に従事する者に限る。)又は技能の在留資格を有する中長期在留者(入国管理局ホームページにリンクします。)
※平成24年7月9日以降に上陸許可,在留資格変更許可,在留期間更新許可等を受けた者に限ります。
届出期間 上記の事由が生じた日から14日以内
届出者 中長期在留者本人
必要書類等
・届出書
(注)届出事項が記載されていれば様式は問いませんが,下記の参考様式を使用していただくと便利です。
・現に有する在留カードを提示(郵送による場合は在留カードの写しを同封)
(注)届出事項を証する資料の提出は必要ありません。
届出事項及び
届出書参考様式
1 届出事項及び届出書参考様式の記載方法について,各国語で説明しています。
 ・日本語はこちら【PDF】
 ・英語(English)はこちら【PDF】
 ・中国語(簡体字・Chinese)はこちら【PDF】
 ・中国語(繁体字・Traditional Chinese)はこちら【PDF】
 ・スペイン語(Spanish)はこちら【PDF】
 ・韓国語(Korean)はこちら【PDF】
 ・ネパール語(Nepalese)はこちら【PDF】
 ・インドネシア語(Indonesian)はこちら【PDF】
 ・ベトナム語(Vietnamese)はこちら【PDF】
2 届出書参考様式 
  届出事由に応じた届出書参考様式を使用して,記載例を参考に正確に記載してください(参考様式の番号は各様式の左上に記載があります。)。
  ※届出書参考様式の記載例では,日本語,英語,中国語(簡体字・繁体字),スペイン語,韓国語,ネパール語,インドネシア語,ベトナム語による説明をご覧になれます。
(1)契約機関の名称変更・所在地変更・消滅の場合の届出
   ※現在所属している契約機関の名称が変わったとき,所在地が変わったとき,または契約機関が消滅した場合の届出です。
    届出書参考様式1の4【PDF】 【EXCEL】
    届出書参考様式1の4の記載例はこちら【PDF】
(2)契約機関との契約を終了した場合の届出(注1)
   ※転職,退職などにより,現在所属している契約機関との契約が終了した場合の届出です。
    届出書参考様式1の5【PDF】 【EXCEL】
    届出書参考様式1の5の記載例はこちら【PDF】
(3)新たな契約機関と契約を締結した場合の届出(注1)
   ※転職により,新たな契約機関と契約を行った場合の届出です。
    届出書参考様式1の6【PDF】 【EXCEL】
    届出書参考様式1の6の記載例はこちら【PDF】
(4)契約終了と新たな契約締結の届出
   ※転職などにより契約機関との契約を終了し,新たな契約機関と契約を締結した場合の届出を同時に行う場合はこちらを使用すると便利です。
    届出書参考様式1の9【PDF】 【EXCEL】
    届出書参考様式1の9の記載例はこちら【PDF】
  (注1)契約の終了・新たな契約の締結があった場合とは,例えば,研究の在留資格を有してA研究機関で研究活動を行っている者が,A研究機関との雇用契約を終了してB研究機関との雇用契約を締結した場合,A研究機関との契約終了及びB研究機関との契約締結の両方について届出が必要になります。
  (注2)日本工業規格A列4番の用紙に印刷してお使いになれます。
  (注3)縮小して印刷される場合がありますので,印刷ダイアログボックスの「用紙サイズに合わせてページを縮小(K)」のチェックをはずしてから印刷してください。
届出先
窓口に持参する場合:最寄りの地方入国管理官署(地方入国管理官署(入国管理局ウェブサイトへ移動します。)又は外国人在留総合インフォメーションセンター(入国管理局ウェブサイトへ移動します。)(0570-013904)にお問い合わせください。)
郵送による場合:在留カードの写しを同封の上,東京入国管理局在留管理情報部門届出受付担当宛てに送付してください。また,封筒の表面に朱書きで「届出書在中」と記載してください。
    (郵送先)〒108-8255 東京都港区港南5-5-30
         東京入国管理局在留管理情報部門届出受付担当
インターネットによる場合入国管理局電子届出システム(入国管理局電子届出システムにリンクします。)を利用して,インターネットにより届出を行うことができます。なお,事前に入国管理局電子届出システムにアクセスして利用者情報登録を行う必要があります。
窓口に持参する
場合の受付時間
平日午前9時から同12時,午後1時から同4時まで(手続により曜日又は時間が設定されている場合がありますので,地方入国管理官署(入国管理局ウェブサイトへ移動します。)又は外国人在留総合インフォメーションセンター(入国管理局ウェブサイトへ移動します。)(0570-013904)にお問い合わせください。)
また,郵送による届出もできますのでご活用ください。
相談窓口 地方入国管理官署(入国管理局ウェブサイトへ移動します。)又は外国人在留総合インフォメーションセンター(入国管理局ウェブサイトへ移動します。)(0570-013904)


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

 

Excel 形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft Office Excel Viewerが必要です。
Microsoft Office Excel Viewerをお持ちでない方は、こちらからダウンロードしてください。
リンク先のサイトはMicrosoft社が運営しています。
Microsoft Office Excel Viewer のダウンロード新しいウィンドウで開きます

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ