フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2013年4月

最近の内外情勢 2013年4月

4月1日(月)
  • 北朝鮮が,最高人民会議第12期第7回会議(平壌)で,法令「自衛的核保有国の地位を更に強固にすることについて」を採択。
  • 4月2日(火)
  • 北朝鮮が,稼働停止中である寧辺の5MW(メガワット)黒鉛減速炉の再整備・再稼働を遅滞なく実行すると発表。
  • 4月3日(水)
  • アフガニスタン西部ファラ州で,「タリバン」が裁判所などの地方行政庁舎を襲撃。裁判所関係者8人,民間人36人,治安部隊隊員10人の計54人が死亡,約100人が負傷。
  • 4月6日(土)
  • オウム真理教上祐派が,「上祐代表説法会」を開催(神奈川,7日・福岡,20日・千葉,21日・東京)。
  • 4月8日(月)
  • 北朝鮮が,開城工業団地における北朝鮮従業員の撤収及び操業の暫定的中断を表明。9日以降,北朝鮮従業員は出勤せず,同団地の操業は中断
  • 4月11日(木)
  • 北朝鮮が,金正恩の党・政府最高職位就任1周年記念慶祝中央報告大会(平壌)を開催。
  • 米国防総省傘下の国防情報局(DIA)が,3月にまとめた報告書で,北朝鮮が,完成度は低いものの,弾道ミサイルに搭載可能な小型化された核兵器を保有している可能性が高いと分析していることが判明。
  • 4月14日(日)
  • 米国のケリー国務長官が来日し,岸田文雄外相と会談。会談では,日米関係,北朝鮮問題,中東和平等について協議。また,ケリー国務長官は,15日,安倍晋三総理と会談し,北朝鮮問題等をめぐり意見交換。
  • ソマリアの首都モガディシュで,武装集団が最高裁判所を襲撃。少なくとも30人が死亡。「アルカイダ」関連組織「アル・シャバーブ」が,同日,犯行声明を発出。
  • 4月15日(月)
  • 米国マサチューセッツ州ボストンのマラソン会場で爆発が起き,3人が死亡,200人以上が負傷。19日までにチェチェン系移民の兄弟2人が容疑者として逮捕されたが,1人(兄)は,その際の銃撃戦で逮捕直後に死亡。米国司法省は,22日,残る1人(弟)を大量破壊兵器使用などの容疑で訴追。
  • 4月16日(火)
  • 中国国防部は,国防白書に当たる「中国の武力の多角的運用」を発表。我が国政府は,その中で,「日本が釣魚島問題においてもめ事を引き起こしている」と指摘されていることに対し,同日,外交ルートを通じて中国側に抗議。
  • 4月22日(月)
  • 中国外交部報道官が,定例記者会見で,安倍晋三総理の靖国神社への真榊(まさかき)奉納や閣僚の同神社参拝に対し,「中国は,日本に厳重な申し入れを行った」旨発言。
  • 4月23日(火)
  • 中国国家海洋局所属の「海監船」8隻が尖閣諸島沖の我が国領海に侵入,同時に農業部漁政局所属の「漁政船」2隻も我が国接続水域を航行。同日,我が国の河相周夫外務事務次官が,程永華駐日中国大使を外務省に呼び抗議。
  • 4月25日(木)
  • 韓国政府が,開城工業団地の正常化に向け,北朝鮮に当局間の実務会談実施を提案。北朝鮮側が同提案を拒否したため,韓国政府は26日,同団地内の韓国側人員の全員撤収を決定。
  • 4月26日(金)
  • オウム真理教主流派が,「ゴールデンウィーク集中セミナー」を開催(~5月6日・埼玉)。
  • 4月27日(土)
  • 「タリバン」が,アフガニスタンの駐留外国軍及びその支援者を主要な攻撃対象とする「ハリド・ビン・ワリード作戦」なる2013年の本格的攻勢の開始を宣言。
  • 4月29日(月)
  • 右翼団体が,「昭和の日」にちなみ,昭和天皇の御遺徳を偲ぶ街宣活動や武蔵野陵参拝など奉祝活動を実施(東京,大阪など)。
  •  
  • ロシアのプーチン大統領が,安倍晋三総理と会談(モスクワ・クレムリン)。両首脳は,会談後,相互信頼と互恵の原則に基づき,あらゆる分野で二国間関係を発展させる意思を確認し,平和条約交渉の加速化や外務・防衛閣僚級協議(2プラス2)の立ち上げなど53項目にわたる共同声明を発表。
  • このページの先頭へ

    • 国際テロリズム要覧(Web版)
    • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
    • オウム真理教に関するページ
    • 公安調査庁公式ツイッター
    • パンフレット
    • 情報提供をお願いします
    • 世界のテロ等発生状況
    ADOBE READER

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。