フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2018年6月

最近の内外情勢 2018年6月

6月3日(日)
  • 中国海軍艦艇1隻が,沖縄本島と宮古島の間の海域を太平洋へ向けて航行。4日には,同艦艇が,沖縄本島と宮古島の間の海域を東シナ海へ向けて航行。17日には,中国海軍艦艇1隻が,沖縄本島と宮古島との間の海域を太平洋へ向けて航行。23日には,同艦艇が,沖縄本島と宮古島との間の海域を東シナ海へ向けて航行。24日には,中国海軍艦艇1隻が,対馬海峡を北上し,日本海へ進出。27日には,同艦艇が,上対馬の北東約140kmの海域を南西進。その後,29日にかけて対馬海峡を南下し,東シナ海へ向けて航行。また,29日には,中国海軍アンウェイ級病院船1隻が,我が国尖閣諸島大正島北の接続水域に入域し,その後,同島北東の接続水域から出域。
6月4日(月)
  • 中国軍機1機が,沖縄本島と宮古島との間の上空を往復飛行。
  • ハメネイ師が4日,イラン原子力庁に対して,イラン核合意の枠内でウラン濃縮能力増強に向けた準備を直ちに行うよう指示。
6月7日(木)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・水口施設に対して立入検査を実施(滋賀)。
  • プーチン大統領が電話やインターネットを通じた国民からの質問に答えるテレビ番組「直接対話」が行われ,同大統領は4時間20分にわたり,79の質問に回答。日本に直接関係する質問は行われなかったものの,同大統領はゴミ処理対策をめぐる質問において,我が国を見倣うべきである旨言及したほか,安倍晋三総理と名前で呼び合う関係であると発言。
6月8日(金)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・仙台施設に対して立入検査を実施(宮城)。
6月11日(月)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・札幌東施設に対して立入検査を実施(北海道)。
  • 米国財務省外国資産監督局(OFAC)が,ロシア連邦保安庁(FSB)に資材提供や技術的支援を行い,米国及び同盟国の安全保障に脅威をもたらしたとして,ロシア企業5社及びロシア人3人を制裁対象に指定したと発表。
6月12日(火)
  • 北朝鮮の金正恩党委員長とトランプ米大統領が会談(シンガポール)。米朝がそれぞれ「安全の保証」と「朝鮮半島の完全な非核化」にコミットすることなどについて合意し,共同声明に署名。
6月14日(木)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・生野施設(大阪)及び京都施設(京都)に対し て立入検査を実施。
  • ロシアにおいてFIFAワールドカップ(W杯)ロシア大会が開催(~7月15日)。(同大会に関する当庁公表資料について) 
6月18日(月)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・東大阪施設に対して立入検査を実施(大阪)。
6月19日(火)
  • 北朝鮮の金正恩党委員長が中国を訪問(~20日)。習近平国家主席と会談し,米朝首脳会談の結果及び評価などについて意見交換。
6月21日(木)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・名古屋施設に対して立入検査を実施(愛知)。
6月26日(火)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・徳島施設に対して立入検査を実施(徳島)。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。