トップページ  >  会見・報道・お知らせ  >  プレスリリース  >  令和2年のプレスリリース  >  令和2年度「人権擁護功労賞」表彰について
報道発表資料
令和2年12月1日
法務省人権擁護局

令和2年度「人権擁護功労賞」表彰について

 令和2年度の「人権擁護功労賞」の受賞者として,次のとおり決定しましたので,お知らせします。

1 内容

 「人権擁護功労賞」は,人権擁護委員の活動等を通じて,関わりのある企業・法人等の団体及び個人の中から,人権擁護上顕著な功績があったと認められた方に対し,法務大臣又は全国人権擁護委員連合会会長が表彰を行うものです。
 本賞は,このような団体等の取組を広報することによって,人権に配慮した更なる取組の機運を高めることを目的として,平成18年度に創設したものであり,平成19年度に初めて表彰を行い,本年度は14回目の表彰となります。

2 受賞者

 (1) 法務大臣表彰状
     特定非営利活動法人HIV人権ネットワーク沖縄(沖縄県)
 (2) 法務大臣表彰状(特別賞)
     福祉創造塾ふれあいの部屋(社会福祉法人柚の木福祉会)・志免町立志免南小学校(福岡県)※2団体共同受賞
     武市光平氏(高知県)
 (3) 全国人権擁護委員連合会会長表彰状
     株式会社愛媛新聞社(愛媛県)
     株式会社河北新報社(宮城県)
 (4) 法務大臣感謝状
     社会福祉法人栃木県共同募金会(栃木県)
     株式会社滋賀レイクスターズ(滋賀県)
 (5) 全国人権擁護委員連合会会長感謝状
     株式会社荘内日報社(山形県)
     株式会社アスリートクラブ熊本(ロアッソ熊本)(熊本県)

3 表彰状等の伝達について

 受賞者に対する表彰状等の伝達については,法務局又は地方法務局において執り行います。

4 参考資料