ユースフォーラム

ユースフォーラムは終了いたしました。たくさんのご参加ありがとうございました。

開催結果は こちら

京都コングレス・ユースフォーラムとは

写真 ドーハコングレス・ユースフォーラムの様子
写真提供:カタール国内務省

ユースフォーラムは,世界の若者たちが,コングレスの議題に関連したテーマについて議論を行うものです。2015年の前回コングレス(ドーハ)での初開催に続き,京都コングレスにおいても開催することとなりました。ユースフォーラムにおける議論の結果は,「勧告」として採択され,コングレスに提出されます。

ユースフォーラムに参加すると…

  • 日本にいながら,様々な価値観,バックグラウンドを有する世界の若者達と英語でディスカッションする経験ができる
  • 熱い議論を通じて,将来につながるかけがえのない仲間ができる
  • 世界で活躍する国連職員や専門家の話が聞ける
  • 犯罪防止や刑事司法について理解が深まる

開催概要

日程:
2021年2月27日(土),28日(日)
会場:
国立京都国際会館
開催方式:
ハイブリッド方式(来場参加・オンライン参加の併用)
参加者:
国内外の学生(大学生・大学院生,高校生)等 160名程度
使用言語:
英語

テーマ

全体テーマ

安全・安心な社会の実現へ ~SDGsの達成に向けた私たちの取組~

個別テーマ

  • 議題1 青少年犯罪の予防・罪を犯した青少年の社会復帰における若者の役割
  • 議題2 法遵守の文化を醸成するための若者の教育
  • 議題3 安全なネット社会に向けた若者の責任

プログラム概要

プログラム(PDF)

開会式

  • 上川陽子法務大臣挨拶
  • 承子女王殿下御言葉
  • 西脇隆俊京都府知事・門川大作京都市長御挨拶

基調講演

  • 金井宣茂JAXA 宇宙飛行士

全体会合

  • 国連薬物・犯罪事務所(UNODC)によるイントロダクション
     京都コングレスの事務局であるUNODCによる,全体テーマと各議題についての導入説明があります。
  • 各分科会テーマイントロダクション
     各分科会のテーマ(議題1~3)について,国内外の実務家・専門家から取組事例等を御紹介いただきます。

分科会

全体会合

  • 各分科会の結果報告
  • 「勧告」の採択

閉会式

新型コロナウイルス感染症対策

来場前に御留意いただきたい事項

  1. 参加者におかれましては,PCR検査を実施願います。
  2. 日常的な検温をはじめとする御自身の健康観察を実施いただいた上で,発熱,咳・咽頭痛等の症状等がある場合など,体調不良の場合はPCR検査の結果が陰性であっても来場を控えて下さい。現在日本政府が実施している新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のための水際措置において,入国制限等のある国・地域からの渡航者・在住者と過去14日以内に濃厚接触がある場合や新型コロナウイルス感染者ないし感染が疑われる者と濃厚接触があった場合も,来場を控えて下さい。
  3. 大人数でかたまって来場されないようお願いします。(密を回避)
  4. あらかじめ,新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA*)をインストールし,御活用ください。併せて,京都市提供の「あんしん追跡サービス**」の御登録も推奨します。

* COCOAについて:
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html別ウィンドウ(厚生労働省HP)

** 京都市「あんしん追跡サービス」について:
https://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000270672.html別ウィンドウ(京都市HP)

会場において実施する感染症対策措置

  1. 会場入口に手指消毒液を設置していますので,入館前に手指消毒を実施してください。
  2. 会場入口で検温を実施しますので御協力をお願いします。熱のある方や体調不良の方は,入場をお断りします。
  3. 必ずマスク等を着用して御来場いただき,会場内では常にマスクの着用をお願いします。主催者側で参加者の皆様用のマスク等の御用意はありません。なお,フェイスシールドの利用はお控え下さい。
  4. 各会場は,「身体的距離」を確保するため適切な間隔を保った座席配置とし,機械換気等を実施します。参加者におかれても,互いに「身体的距離」(可能な限り2メートル,最低1メートル)を保ち,「密」とならないよう御留意願います。握手等の身体的接触もお控えください。
  5. 食事は指定場所においてできる限り短時間で済ませ,食事中の会話は最小限にしてください。
  6. 会場内で対面することが想定されるところをはじめ,必要な場所にはアクリル板を設置します。また,受付や手荷物検査など参加者との接触が想定される場所ではビニールカーテンを設置します。このような場面では,併せて整列やゾーニングなど職員からお声かけをさせていただくことがございますので,御協力をお願いします。
  7. 各会場は定期的に清掃・消毒します。特に多数の方の手に触れるドアの取手やエレベーターのボタン,共有物品等はこまめに消毒します。
  8. 複数の方の接触リスクを最小限にするため, 各セッション内では同じ席を御利用いただき,御来場の際は可能な限り御自身のパソコン(別途御案内する内容に従ってMicrosoft Teamsを設定いただいたもの)を持参いただきますようお願いします。併せて,マイク付きのヘッドホンないしイヤホンを持参いただけますと幸いです(Bluetoothのものは利用できない場合があります。)。持参いただけない場合も,主催者側で機器を用意しておりますので御安心ください。お渡しする機器は,事前に消毒等を行います。
  9. 会場には救護室を設置し,看護スタッフを配置します。発熱ほか新型コロナウイルス感染症の疑いがある症状など,体調不良を感じた方は,速やかに当日お知らせする救護室の電話番号に電話をかけ,その旨お申し出ください。

*なお,以上の感染症対策措置として参加者の皆様にお願いしております事項は,運営に当たる職員も遵守します。また運営に当たる職員についても,PCR検査を実施します。

その他の御留意いただきたい事項

  1. 少なくともユースフォーラム終了後14日間は健康観察を続けていただき,もし新型コロナウイルス感染症の感染が判明した場合は,ただちに主催者にご連絡ください。
  2. 新型コロナウイルス感染症に関して追跡調査が必要となった場合,皆様の個人情報(氏名,所属,電話番号,メールアドレス等)を保健所等に提供する可能性がありますので,あらかじめ御了承願います。

関連イベント

問合せ先

  • 京都コングレス開催準備室(法務省内)
  • 〒100-8977
  • 東京都千代田区霞が関1-1-1
  • E-mail:youth_kyotocongress@i.moj.go.jp
  • Tel:03-3592-7422