本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 資格・採用情報 > 公証人 > 平成28年度公証人法第13条ノ2の規定による公証人の選考のための口述試験における問題のテーマについて

平成28年度公証人法第13条ノ2の規定による公証人の選考のための口述試験における問題のテーマについて

 口述試験は,公証人になるのに必要な学識経験及び適格性を有するかどうかについて,一定の法律問題(テーマ)を素材として,口頭表現という形で判定する試験であり,平成28年度においては,以下のテーマのうち,複数のテーマが組み合わされて出題された。



法律問題(テーマ):遺言及び任意後見契約における公証人の職務(公正証書の作成手続,公証人の職務執行等)に関する法律問題
ページトップへ