本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 資格・採用情報 > 司法書士試験 > 平成32年度(2020年度)以降に実施する司法書士試験(筆記試験)の会場について

平成32年度(2020年度)以降に実施する司法書士試験(筆記試験)の会場について

 現在,司法書士試験の筆記試験については,法務局・地方法務局の管轄区域ごとに全国50か所の会場で実施しているところですが,司法書士試験の受験申請者数が減少していることや他の国家試験における筆記試験の実施状況を踏まえ,平成32年度(2020年度)以降に実施する司法書士試験の筆記試験については,以下の15か所の法務局又は地方法務局の管轄区域内の会場において実施する予定としておりますので,お知らせします(実施会場の決定の連絡については,平成32年度(2020年度)司法書士試験の受験案内の配布をもって行う予定です。)。
 なお,平成32年度(2020年度)以降に実施する司法書士試験の口述試験については,これまでと同様,全国8か所の法務局が指定した場所(筆記試験の受験地が,横浜,さいたま,千葉又は静岡である場合には東京法務局が指定した場所,那覇である場合には福岡法務局が指定した場所)で実施する予定です。
 おって,平成31年(2019年)7月7日(日)に実施を予定している平成31年度(2019年度)司法書士試験の筆記試験については,従来どおり全国50か所で実施する予定です。
 御不便をおかけすることになりますが,御理解いただきますようお願いいたします。
 また,受験に際して宿泊施設を利用される方は,早期の宿泊施設の確保等所要の準備をお願いいたします。
 
 
【平成32年度(2020年度)以降に司法書士試験(筆記試験)を実施する法務局又は地方法務局】

東京,横浜,さいたま,千葉,静岡,大阪,京都,神戸,名古屋,広島,福岡,那覇,仙台,札幌,高松
 
ページトップへ