本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > プレスリリース > 平成27年のプレスリリース > 法務本省の端末が不正プログラムに感染した疑いがあることについて
報道発表資料
平成27年6月25日

法務本省の端末が不正プログラムに感染した疑いがあることについて

 法務本省の一般事務を処理するためのネットワークシステム(※)につながれた端末について,不正プログラムに感染した疑いがあることが6月24日(水)に判明しました。現在,更に調査を進めています。
  (※)法務本省での一般事務を処理するためのネットワークシステムであり,ファイル共有,メールなどの機能がある。

本件発覚後の対応等

 現在,原因及び外部に送信された情報があるか否かについて調査を行っています。
今後,内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)を始めとする関係機関の協力も得つつ,更に調査を進めます。
 なお,法務省が所管する各種業務に用いるシステムへの影響は確認されていません。
 また,現時点で,これによる情報流出は確認されておりません。

今後の対応等

(1) 原因及び外部に不正に送信された情報の有無及びその特定
(2) 上記結果を踏まえた情報セキュリティ対策の強化




この記事に関する問い合わせ先

大臣官房秘書課情報管理室情報政策第二係
電話 03-3581-4111(内線5749,2065)
ページトップへ