トップページ  >  フォトニュース  >  第2回京都コングレス公開シンポジウムを開催しました(令和元年12月7日)。

第2回京都コングレス公開シンポジウムを開催しました(令和元年12月7日)。

 令和元年12月7日(土),国立京都国際会館において,第2回京都コングレス公開シンポジウムを開催しました。今回のテーマは「再犯防止と更生支援に向けた取組の現状と今後の展望」です。
 シンポジウムでは,森まさこ法務大臣,西脇隆俊京都府知事,門川大作京都市長及び一般財団法人日本刑事政策研究会の小津博司会長(元検事総長)による挨拶に続き,社会福祉法人恩賜財団済生会の炭谷茂理事長による基調講演が行われました。
 その後のパネルディスカッション第1部では,京都府,京都市における再犯防止の取組,第2部では,犯罪をした者の立ち直りを支える取組を中心に,議論が行われました。再犯防止と更生支援に向けて,地方公共団体との連携や官民連携など,地域の特色をいかした取組等について,活発な意見交換がされました。
 次回,第3回京都コングレス公開シンポジウムは,明年3月1日(日)に「SDGs達成のための安全・安心な社会の実現について」をテーマに開催します。引き続き,京都コングレスへの関心を高めていただけるよう,取り組んでまいります。

法務大臣による開会挨拶

シンポジウムの様子

【官房国際課】