本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
 
トップページ > フォトニュース > 第70回“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し,立ち直りを支える地域のチカラ~中央推進委員会会議が開催されました(令和2年1月28日(火))。

第70回“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し,立ち直りを支える地域のチカラ~中央推進委員会会議が開催されました(令和2年1月28日(火))。

 令和2年1月28日(火),第70回“社会を明るくする運動”中央推進委員会会議が,同運動中央推進委員会を構成する中央府省庁や民間機関・団体の関係者の出席の下,法務省において開催されました。
 開催に当たって,中央推進委員会委員長である法務大臣の代理として義家弘介法務副大臣が挨拶しました。会議では,企画としてドキュメンタリー映画『記憶』の監督である中村すえこ氏をお呼びして,映画制作に込めた想いや“社会を明るくする運動”への期待についてお話いただいた後,第69回運動の実施結果の報告,第70回運動の活動方針となる実施要綱及び中央実施行事(PDF)の提案がなされ,承認されました。

法務大臣挨拶(義家法務副大臣)の様子

企画「ドキュメンタリー映画『記憶』を語る」について

 ドキュメンタリー映画『記憶』は,女子少年院在院中の少女たちに対して1年間にも及ぶ取材を行い撮影された映画であり,映画の中では現代の少女が抱える生きづらさがリアルに語られています。映画の監督をされた中村すえこ氏は,非行少女であった自らの体験も踏まえ少年院出院者を支援する団体「セカンドチャンス!」で活動されており,全国の女子少年院等での講演活動もされています。映画撮影を通して感じた少年非行の背景や“社会を明るくする運動”への期待などを語っていただき,会議終了後には映画を上映しました。 

ドキュメンタリー映画「記憶」の監督・中村すえこ氏(右)と今福保護局長(左)

第70回“社会を明るくする運動”中央行事の展開について

 全国矯正展,東京都内における広報啓発行事,小中学生を対象とした作文コンテストなどの各種取組を昨年に引き続き実施します。また,第70回の節目を記念として,新たに「更生保護と他分野との連携シンポジウム」を行う予定です。
 本年も,全国における“社会を明るくする運動”の一層の推進をよろしくお願いします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2015年4月時点のものです。

ページトップへ