トップページ  >  フォトニュース  >  上川法務大臣が,奈良県知事から,出所者等の更生支援への取組に対する協力・支援に関する要望書を受け取りました(令和2年11月18日)。

上川法務大臣が,奈良県知事から,出所者等の更生支援への取組に対する協力・支援に関する要望書を受け取りました(令和2年11月18日)。

 令和2年11月18日(水),上川法務大臣は,奈良県の荒井知事と面会し,奈良県における再犯防止の取組への協力・支援を求める要望書を受け取りました。
上川法務大臣が,奈良県知事から,出所者等の更生支援への取組に対する協力・支援に関する要望書を受け取りました(令和2年11月18日)。の小見出し画像1

要望書を受け取る上川法務大臣

懇談の様子
 奈良県では,再犯防止施策の推進のため,「奈良県更生支援の推進に関する条例」を本年4月に施行しています。
 このように,再犯防止や更生支援に関する条例を制定しているのは,都道府県では奈良県のみです。
 また,本年7月には,この条例に基づき,罪に問われた者等の円滑な社会復帰の促進を目的とした一般財団法人を設立するなど,全国のモデルとなり得る取組が進められています。
 今般の面会では,荒井知事(ほか)から,こうした奈良県における取組について,御紹介があり,その上で,その取組についての法務省の協力・支援を求める要望がありました。

 上川法務大臣は,奈良県における再犯防止の取組は全国のモデルとなり得る画期的なものであり,法務省としても全面的に協力させていただきたい旨述べました。