本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > フォトニュース > 法務省×よしもと「もっと知ってほしい!法務省」よしもと芸人と一緒に学ぶ動画お披露目会見(7月12日(水))

法務省×よしもと「もっと知ってほしい!法務省」よしもと芸人と一緒に学ぶ動画お披露目会見(7月12日(水))


合言葉は「もっと知ってほしい!法務省」
 
 法務省は,国民の皆様に法務行政への理解を深めていただくため,「笑い」を中心としたエンタテイメントによる社会貢献活動に積極的に取り組んでいる吉本興業グループとタイアップし,法務省の取組を分かりやすくご紹介する動画を作成して,国民の皆様に発信していくという広報活動を展開していくことといたしました。
 今般,その動画が完成し,吉本興業株式会社東京本部において,お披露目会見を開催しました。

最初に金田法務大臣と西川きよしさんが登壇し,固い握手を交わしました。
 
 お披露目会見には,金田勝年法務大臣,西川きよしさんのほか,動画に御出演いただいた木村祐一さん,ペナルティ・ワッキーさん,COWCOWさん,ガレッジセール・川田さん,麒麟・田村さん,銀シャリさんに御登壇いただきました。
 

つづいて芸人さんが登壇し,動画のダイジェスト版がお披露目されました。
 
 動画ダイジェスト版のお披露目の後は,出演者の方から撮影時のエピソードや感想などを伺いました。
 「いじめを経験した私たちから伝えたいこと」に御出演いただいた木村さんは,ゆりやんレトリィバァさん,コロコロチキチキペッパーズ・ナダルさん,麒麟・田村さんによる座談会の司会を担当。「ゆりやんやナダルはいじめられた側。ナダルはたった一言がきっかけでいじめられるようになって,いじめていた子たちとの再開のエピソードまで話してもらった。」などと動画の内容について紹介しました。
 

「(いじめについて)何とかなくしたいですね」(木村さん(左))

 「国民参加の刑事裁判『裁判員制度』のご紹介」に御出演いただいた銀シャリのお2人は,「現場も大爆笑でした」(鰻さん),「現場にいらっしゃった法務省の方々もあったかくて,“アットホーム”省みたいな。もし『法務省-1グランプリ』があったら優勝できるんちゃうかなと思いました。」(橋本さん)などと仕上がりにも自信満々の様子。しかし鰻さんが「上半期1位のベスト漫才ができました」と言うと,「6~7回やり直したからね!」と鋭いツッコミをし,会場を笑わせます。

「裁判員制度の漫才ですらアドリブが出るんやっていう自分の漫才ズハイに感慨深いものがありました」(銀シャリ・橋本さん(右から2人目))
 
 最後に,完成した動画について金田法務大臣は,「短い時間でよくこんなにポイントを押さえた動画を作ってくださったと思います。一見堅いようですが,国民の皆様の身近なことを扱っているのが法務省です。そういうことをわかりやすく伝えてくださった芸人の皆様に感謝しています。」と感謝の気持ちを表しました。
 

お披露目会見の最後に,金田法務大臣から感謝の一言
 法務省はこれからも,国民の皆様に法務行政への理解を深めていただくため,吉本興業グループの御協力のもと,法務省の取組を分かりやすく発信していきます。
 
 よしもと芸人と一緒に学ぶ動画は「もっと知ってほしい!法務省」特設ページまたは法務省ホームページからご覧いただけます。
 
ページトップへ